趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

落合集落


落合集落 看板 (拡大 さらに拡大

赤色が里道


中上から見た 落合集落。


看板にある 現在地は 国道439号沿い そば道場

落合集落 説明の看板

「落合は東祖谷のほぼ中央、祖谷川と落合川の合流地点より 山の斜面に沿って広がる集落である。

集落の起源は明らかになっていないが、平家の落人伝説や開拓伝承などが祖谷地方に残っている。

南北朝時代には落合氏はじめ菅生氏、西山氏ほかが南朝方として戦ったことが確認され、中世には集落が形成されていたとみられる。

近世に入ると煙草や馬鈴薯などの栽培が確認され、昭和40〜50年頃までは煙草や各種麦、水陸稲の生産や養蚕を行う山村として維持されていた。

保存地区は東西750m、南北850m、面積32.3haの範囲であり、地区内の高低差は390mに及ぶ。

斜面を下る里道と、等高線に沿って東西にのびる里道が集落のフレームを形成し、この里道よりさらに道を設けて屋敷や耕作地に至る。

屋敷地は地区全体に散在し、その周囲に耕作地が配されている。

屋敷地や耕作地は等高線に沿った細長い形状で、石垣を積み造られている。

保存地区は、山の中腹から麓にかけて立地する山村集落であり、江戸中期から末期に建てられた主屋等を多く残し、畑など耕作地や社叢、石垣、里道など周辺環境とともに一体となった一体となった歴史的風致をよく伝えており、その価値は高く評価されている。」



長岡家修理中


茅葺きの下地。


里道(りどう)と石垣 説明看板


斜面の集落

祖谷ブログカテゴリー

落合小 でんけん落合マップ 
落合小
でんけん落合

関連記事
2008-11-02 : 祖谷 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

雪景色
落合集落 対向の道路から見る景色、見入るぐらい綺麗ですよね。さらに、雪景色の落合集落も、とても綺麗らしいのですが・・・ 東祖谷までの道程が、結構、大変だし。。。 まだ、行ったことがないです。
2008-11-02 22:51 : yado URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性