趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』


--------------------------------------

羽根田 氏の言 のとおり 組織登山者含め 引率型登山が主流になり、自主的な 自立型登山をする人が だんだん減っている。

業界に 踊らされ 流行に 左右されることなく 自立した 山歩き を目指したい。

これからも 「自分の山」を じっくり登っていきたい。

--------------------------------------


『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』
羽根田 治 著 2010年1月15日初版 平凡社

『新聞やテレビなどで報道される遭難事故のニュースを見て、われわれは「自分も気をつけなきゃ」と思う。
だが、他人の事故を「我が身にも起こりえること」として切実にとらえられる人が、いったいどれぐらいいるのだろうか。』

『今 遭難事故が年々増え続けているいちばんの要因は、多くの登山者が「山は危険な場所だ」という認識を持っていないことにあるとあると思う』

『これほど 遭難事故が増えてしまったのは、業界全体の責任でもある。中高年の登山ブームが始まったとき、業界は「山は楽しいところだ」「登山は健康にいい」というイメージだけを全面に押し出そうとし、山の危険を説くことには決して熱心ではなかった(私 {著者 羽根田氏}もその片棒を担いでいたひとりである)。むしろ 見て見ぬふりをしていたといってもいい。そのツケが、今、回ってきているのである。』


『いずれ山は、ツアー登山やガイド登山などの、”連れられ登山”の一行に席巻されるようになってしまうのだろうか。自発的に個人で山に登っている登山者は、今後ますます少なくなっていく気がする。』

『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』
羽根田 治 著 2010年1月15日初版 平凡社

「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム

関連記事
2010-03-08 : 遭難 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性