趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

登山者は山稜や山頂に こだわり


苦労して 雪の山稜を ラッセルしていくと クロスする形で 獣のトレースがあった。

このトレースを見ると、登山者は山稜や山頂に「こだわり」 があるが、 野生動物には こだわりがないのが分かる。

獣道は 野生動物がよく歩くところが 道になったもので、よく通う山域では 獣道を利用させてもらうことが多い。 獣たちのトレースは 登山者と違って 無理に山稜を辿らない 無理のない歩き方をしている。

その 踏み痕を 追うことになると、いかに 登山者が 山稜や 山頂に こだわった 登りかたをしているなと つくづく感じる。

山は 大きく 広いのである。狭い所に集中すること無く 更に発想を 豊かにして 山歩きを楽しんでいきたいと思う。
歩いたところが道になる
山頂への こだわり

関連記事
2005-11-08 : よもやま話 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

山歩きへの先入観
TAKAさん 今晩は

私みたいに年老いて山に登りだす人種には特にこの山稜や山頂へこだわる先入観が強い様です。 山登りとは山頂へいくものと脳にインプットされていました。

山を楽しむ、山を知るには色々な歩き方があるって最近ちょっとだけですが感じ出しました。 石鎚山の頂には何度も立ちましたが、石鎚山の懐の深さを未だ何にも知りません

TAKAさんや讃岐富士さんの心境に近づけるのは果たしていつの事になるのやら・・・

エントツ山
2005-11-11 17:43 : エントツ山 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性