趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

ペットボトル


近頃  縦走路の道端に 水の入ったペットボトルが よく落ちている。

たとえば 平成20年4月26日から 5月17日までの山行では 縦走路に落ちていた 毎回 それぞれ1−2個のペットボトルを回収した。

こうした 水入り ペットボトルが道ばたに よく落ちている最近の傾向は 以前から 特に気になっていた。



ズバリ この原因は はっきりしている。



落とし主の 登山者が故意に落とすわけでなく 無意識のうちに ザック(バックパック)のサイドポッケトに差し込んだボトルが何かの弾みで落ちてしまうのである。

昔の ザックでは 水筒などザック本体にしまうようになっていて むきだしサイドポケットへの差し込みは なかったし、仮にあっても落ちない工夫がしてあった。


o社製 バックパック 落ちないような工夫あり。


L社製 バックパック これもボトルが落ちないような工夫あり。


だから 今日 道端にやたら見かけるようなボトルの紛失はなかった。

ただ  ザックの天蓋などに引っかけた タオルや衣類などが道に落ちていたりするのは 昔も 今でも 時折見かけるが。。。

昔 山登りでは あまり 水を飲むなという時代もあったが 今では こまめな水分の補給を大事にするようになったことは いいことだろう。


ハイドレーション・システムをつけたK社製 ザック。

今では ドリンキング・チューブを使った、ハイドレーション・システムを使えば水分補給は完璧で、最近のメーカーのカタログをみれば ハイドレーションを導入できるザックが多くなってきたのがわかる。

しかし、同じザックメーカーでも いとも簡単にペットボトルなどをサイドに差し込め こまめな水分補給ができるとサイドポケットの利用を やや誇大に宣伝しているようだ。

実際 山中で 手荒くサイドポッケトを使用するとなると 様々なケースが考えられ メーカーサイドの想定外のペットボトルの落下など 現実に起きているのである。

サイドポケットの使用上の責任を登山者にすべて負わすのはどうだろうか。

以前から ポリウレタンを使った山靴が 山中でパックリはがれることで大騒ぎになってきているが、 今では 登山者に使用上の「注意」を促すだけでなく、メーカーサイドでのポリウレタン対策として、、一応 それなりの処置は とられてきているが、いまだ完全に解決しているわけではない。

(外部リンク    )




ペットボトルも 登山者に注意を喚起するだけでなく メーカーサイドの対策として 自転車用の給水ボトルなどの固定方法など 見習えば ボトルが簡単に落ちない 工夫など いくらでもある。   

もとより 山は いろいろな接しかたがあり 靴の選択 衣類の選択 ザックなどの道具の選択など、 山に登る人 それぞれが考え 自分の裁量で決めればいいことである。

つまり山の道具など 趣味性の強いもので、 装備の 好き 嫌いなど 個人の趣向で選択すればよいことであって、批評家として 他人の 持ち物について あれこれ 評するようなことはしたくない。

ただ 最低限のこととして 自然に還元しないボトルに 紐をつけるとか 専用のキャップなどで 簡単に落ちない工夫をしてもらいたいものだし、とくに ザック・メーカーには サイドポケットの問題を いまだ あまり問題に思っていないのなら 是非とも 山の中で起きる こうしたトラブルを製品にフィードバックして対策を考えてもらいたいものである。



ペットボトル

よもやま話

関連記事
2008-05-18 : 山道具 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性