趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

令和6年1月2日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)



令和6年1月2日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

【日時】2024 令和6年1月2日

【天候】 曇 晴

【記録】

木地屋橋 5:09 --- 矢筈山(9:53--10:18) --- 石堂山(11:41-12:09) --- 白滝山 (13:01-13:22) --- 石堂神社 14:11 --- 林道大惣線登山口 14:46 ---木地屋橋 14:58

【山頂】

ことしも 年始の初登山は 矢筈山(1848)。

例年 雪深いことで 知られる 矢筈山系では2023年12月20日頃からの降雪で だいぶ積雪があった。

だが その後の 暖冬気味の天候で 積雪は だいぶ減少。

片川上流の 木地屋橋の橋の上には ウッスラの残雪と 除雪でできた雪山が残っていた。

まだ暗いなか 木地屋橋を出発し、林道をたどる。

林道終点は更に奥へ延伸されていて、よく見ると石銘板に令和5年11月竣工となっていた。

ただ この林道工事のために 旧道への取付きは 暗闇の中では 非常に 分かりにくくなっていた。

山道を登っていくと 次第に残雪が増えてきて そのうち しまった雪の上を歩くようになる。

前日の新雪も ところどころ 日陰にウッスラ 見かける。

明るくなると 曇。

標高の高いところでは 風も強くなり 木々に しっかり雪がついている。

矢筈山の北斜面では 残雪もまずまず多く残っていて、雪が締まり表面はクラストしていて快適なペースで 進むことができる。

標高1750mあたりの山頂北側の危険な雪庇帯では 雪が西側から東側へ大量に吹き込んで発達・崩落した痕跡が多数あるが、幸い危険な雪庇は落ちていて無事通過。

矢筈山山頂は 北側には大量の残雪残るが、南側の雪は少なくて 三角点が露出。

■矢筈山 「マイナス3.1度 南4.6-10.1m ガス 視界なし。」(累計登頂回数 173回)

石堂山への 縦走路へ向かうと  天候が みるみるうちに回復。

青空がでて 振り返ると ガスがとれて矢筈山が見えてきた。

縦走路では 西から吹きつけた 大量の雪が 稜線東側に溜まっていて快適な雪稜歩きを堪能。

■石堂山 「マイナス0.2度 西2.0m 晴 矢筈山 天狗塚 見える。」(累計登頂回数 117回)

陽射しが出て 気温上昇。暖かく感じる。

白滝山に向かうと だんだん雪が少なくなっていった。

■白滝山 「プラス3.0度 風弱く 晴。」(累計登頂回数 75回)

石堂神社から木地屋への旧登山道は伐採作業の倒木のため わかりにくくなっていた。

2024 令和6年1月2日現在
累計山行日数 2056日(内 四国 1666日)

---------------------------------------------------

【つるぎ町】

■つるぎの宿 岩戸 (電話 0883-67-2826 )宿泊・入浴
https://www.tsurugi-eetoko.com/iwato

■剣山木綿麻温泉 (電話 0883-62-5500)入浴のみ
https://www.tsurugi-eetoko.com/yuma

---------------------------------------------------


【動画】

https://youtu.be/SCrk5nt7caM





【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72177720313796338/

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6334237.html

YAMAP
https://yamap.com/activities/29075632

-----------------------------------------------------------
ガーミンGPSMAP66i ライブトラッキング(2024年1月2日)
-----------------------------------------------------------



■2024年1月2日 GARMIN GPSMAP66iのライブトラッキングを実施。

GPSMAP66iにて イリジウム衛星経由で 10分ごとの現在位置をリアルタイムでWEBサイトに表示。 

ライブトラッキング、メールでの双方向通信 ともに順調。

(携帯電話圏外エリアでも作動)

-----------------------------------------------------------

【APRS】

2024年1月2日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。



「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 



「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400



「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/


-----------------------------------------------------------

■IBUKI.run 活動ログLIVE配信 2024年1月2日 うまく作動せず。

携帯電波 圏外エリアから 使用開始の 操作しようとして うまく作動せず 失敗。全く不調。

そもそもIBUKI.runは 携帯電話圏内エリアでの使用を前提にしていて その弱点が 露呈した結果となった。

携帯電話圏外エリアでは 全く 使用不可と考えていい。

■同じ出発場所から アマ無線APRSを操作した場合では

 「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用すると うまく作動していたのだが

IBUKI.runでは 全く 使用できないということは やはり 微弱電波の拾い方というか システムの設計がまともな電波受信を前提にしているのか 基本的なところの違いがあるのでは?

https://ibuki.run/
3分毎にリアルタイムに現在位置を表示公開。

携帯電話圏外エリアでは リアルタイムには表示できず、携帯電話圏内になって はじめて表示できるようになる。

-----------------------------------------------------------


【気象】



2024年1月2日 午前9時 地上天気図



2024年1月2日 午前9時 500,300hPa高層天気図



令和5年1月2日 午前9時 850,700hPa高層天気図



2024年1月2日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画 (国際気象海洋株式会社)






短期予報解説資料






  • 趣深山shumiyama.com 2024年1月2日
  • 趣深山Jimdo 2024年1月2日
  • 2024年1月2日 fc2
  • 2024年1月2日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2024年1月2日
  • 趣深山ブログ fc2 2024年1月2日

  • 関連記事
    2024-01-02 : 矢筈山系 :
    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    MENU

    プロフィール

    趣深山fc2

    趣深山です(四国 高松)男性