趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

令和4年3月27日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)



令和4年3月27日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)

【日時】 2022 令和4年3月27日

【天候】 曇 晴

【コース】 菅生 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 菅生

【記録】

いやしの温泉郷 発 4:27 --- 林用作業小屋跡 6:27 --- 1791m標高点 9:16 --- 菅生下山口標識 9:44 --- 三嶺ヒュッテ 9:46 --- 三嶺 (10:05-10:24) --- 西熊山 (11:39-11:53) --- お亀岩 12:15 --- 天狗峠綱附森分岐 13:00 --- 天狗峠西山林道分岐 13:07 ---天狗塚 (13:29-13:48) --- 天狗峠西山林道分岐 14:08 --- 西山林道天狗塚登山口 (15:12-15:20) --- いやしの温泉郷 着 17:01

【山頂】

いやしの温泉郷を まだ暗いうちに 出発。

3月  春 本番。前日 あたたかい雨が降り 強風が吹きぬけて さらに 一気に 雪が溶けてしまったようだ。

明るくなるも 曇りで 太陽顔出さず ガスが流れているが 登っていくと ガスも切れて 視界が少しずつ効いてきた。

雪は下の方は全て溶けてしまっていて 標高1600m ぐらいから ようやく 小さくなった残雪を 北側の所々 などに たまに 見かける。

1791m標高点では 遠く 笹ヶ峰山系 瓶ヶ森 石鎚山系などが しっかり見えるようになった。

案内標識や 鹿よけネットフェンスなども すっかり露出。

三嶺の池は 氷が割れて その上に 水たまりができている。

南面 下の方には 鹿が 20頭くらい たむろ している。

■三嶺 「プラス6.1度 北 2.7m 剣山 次郎笈 天狗塚 見える。 雪が溶けてしまっている。 遠く笹ヶ峰 瓶ヶ森 石鎚山系 見える。 」(累計登頂回数 742回)

縦走路は すっかり 雪が なくなっている。

■縦走路の 山稜の北側に回り込むところなどには まだ 残雪が ほんの少しだけ あり 時折 踏み抜きあり。

■登山道には 雪解け水が 流れたり 水が たまっているところあり。

■西熊山の南面には 雪庇などは すべて落ちて 斜面に わずかに 残雪 残る。

■西熊山 「プラス6.4度 北3m 曇り。三嶺 次郎笈 天狗塚 見える。笹ヶ峰山系 瓶ヶ森 石鎚山系まで見える。太平洋 見える」(累計登頂回数 612回)

■西熊山頂 西側の 積雪期に雪の溜まりやすい箇所で 長年ずっと観察している定点観測地点では 雪どけが グッと進み 堆雪量は 大幅に 少なくなった。

http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/nishikuma-hukin.html

■お亀岩から天狗峠への 登りも 雪庇は全て落ちて 北側の回り込む ところに 少し残雪が残る程度。

■天狗塚 「プラス5.4度 北4.7m 曇り。三嶺 剣山 次郎笈 見える。遠く 笹ヶ峰山系 瓶ヶ森 石鎚山系 まで見える。太平洋 瀬戸内海 見える。」 (累計登頂回数 696回)

■陽のあるうちに いやし温泉郷へもどるために 今回も 牛の背は割愛し 天狗峠経由で西山林道へ下山。

■西山林道天狗塚登山口は 路面に雪なく 駐車車両なし。

■林道阿佐名頃線 路面に雪なし。

■この日 出会った登山者は三嶺2名 計2名。


2022 令和4年3月27日現在
累計山行日数 1977日(内 四国 1587日)

-----------------------------------------
いやしの温泉郷 及び 奥祖谷観光周遊モノレール 休業。
-----------------------------------------


【動画】

https://youtu.be/ESt1ciN0XGw




【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72177720297682904

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4121833.html

YAMAP
https://yamap.com/activities/16355003


-----------------------------------------

【APRS】

2022年3月27日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
今回 2台とも順調。


「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。今回 順調に動作。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/

-----------------------------------------------------------

IBUKI.run 活動ログLIVE配信 2022年3月27日



https://ibuki.run/
リアルタイムに現在位置を表示公開。


-----------------------------------------------------------

【気象】


令和4年3月27日 午前9時 地上天気図


令和4年3月27日 午前9時 500,300hPa高層天気図


令和4年3月27日 午前9時 850,700hPa高層天気図


令和4年3月27日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



短期予報解説資料

【定点観測】西熊山山頂付近縦走路 定点観測http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/nishikuma-hukin.html






  • 趣深山shumiyama.com 2022年3月27日
  • 趣深山Jimdo 2022年3月27日
  • 2022年3月27日 fc2
  • 2022年3月27日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2022年3月27日
  • 趣深山ブログ fc2 2022年3月27日



  • 2022-03-27 : 三嶺・西熊山・天狗塚 :
    Pagetop

    令和4年3月20日 石堂山(1636) 矢筈山(1848)



    令和4年3月20日 石堂山(1636) 矢筈山(1848)

    【日時】2022 令和4年3月20日

    【天候】曇

    【コース】石堂山(1636) 矢筈山(1848)

    【記録】

    深淵 駐車地点 発 5:46 --烏帽子山登山口 6:44 -- 石堂山 (9:42-10:05) --- 矢筈山 (12:28-13:00) --- 1654m標高点 (15:06-15:15) 県道三加茂東祖谷山線 (15:53-15:58) -烏帽子山登山口 16:41--深淵 駐車地点 着 17:22


    【山頂】

    曇天で 雪花が舞うなか 深淵から 県道44号三加茂東祖谷山線を 歩く。

    登って行くと 前日に降った雪が うっすら。
    木々にも 新雪がついている。

    ■石堂山 山頂 「プラス0.2度 北 1m 曇り 矢筈山の上部はガスが かかり見えない。ウッスラ新雪。」(累計登頂回数 113回)

    縦走路行くと そのうちガスの中へ入る。

    1710m標高点付からの 北側(片川側)は雪が多く残っている。

    矢筈山 北側稜線の雪庇は 大きなものが 殆ど落ちてしまっていて 残っている雪庇は 小さくなっているものの 慎重に通過。

    2021年1月2日 と 2022年2月12日に 雪庇崩壊に遭遇した箇所は すべて落ちていて 特に問題なし。

    ■矢筈山 山頂 「マイナス0.5度 西1.1m ガス 視界なし。一時 ガスがうすくなり 三嶺 西熊 天狗塚が見えたが、すぐまたガス。」(累計登頂回数 169回)

    雪が減って三角点や標識露出。新雪ウッスラ。

    落合峠方面への 山稜は 不安定な雪庇はすべて 落ちているが さらなるブロック崩壊に 注意して 慎重に進む。

    ■最低鞍部からの落合峠へ 雪面をトラバースする夏道は 11年前の2011年3月26日 迂闊にも ウィンドスラブ雪崩に遭遇したところ。

    雪の上に 風で飛んできた 雪が一時的に溜まって不安定になり 人為的な衝撃で 一気に蜘蛛の巣状に割れて雪崩れるウィンドスラブ雪崩。

    2011年以来 雪の多い 積雪時期は 雪崩リスクを考え、雪面のトラバースをさけ 面倒だが 念のため 矢筈山第二峰頂部までいって 落合峠方面へ向かうようにしている。

    ■が、今の積雪状況を よく見ると すでに 積雪が かなり少なくなっていて すっかり硬くなった安定した状態。

    いま雪面には うっすら 新雪が上にあるものの下の支持雪自体は すでに 硬雪になっていて 風で運ばれたウィンドスラブもない。

    この積雪状態から 雪面トラバース自体は 今回は とくに問題なしと判断できる。

    2011年には 痛い目にあった夏道沿いのトラバースルート。

    雪の時期としては 11年ぶりに 今回 通過することにした。

    ■サガリハゲ分岐からの落合峠への 縦走路も 思った以上に 案外時間がかかり 矢筈山山頂から2時間かけて やっと 1654m標高点。

    天候は回復して ガスがとれてきて 祖谷谷を挟んで 三嶺 西熊山 天狗塚 牛の背の山並み がしっかり見えるようになった。

    時刻は既に 15時すぎ。

     当初の予定は 落合峠・旧道経由で深淵帰着だが、このまま 落合峠・旧道経由した場合の所要時間を勘案。

    このままだと 深淵への帰着時間は すこし遅く なりそうだ。

    落合峠のからの 旧道は 谷沿いなので 日が陰るのが早くて暗くなりかけるなかで 旧道を降ることになる可能性がある。

    ■ここは陽のあるうちに 安全確実に帰着する方を優先し 1654mからへ 県道へ ショートカット下山することにし 1654m北側の 残雪多い 雪原を 快適に下降し 県道三加茂東祖谷山線へ降り立つ。

    令和4年3月20日現在
    累計山行日数 1976日 (四国 1586)


    【動画】

    https://youtu.be/J_h040RWyPo




    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72177720297509142

    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4103593.html

    YAMAP
    https://yamap.com/activities/16243092

    -----------------------------------------------

    ■2011年3月26日 落合峠(1520)から 矢筈山(1848)への途中
    http://shumiyama.blogspot.jp/2012/03/blog-post_1759.html

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/a8ceaa182f59dfc793847e9faf76da49

    -------------------------------------------

    ■過去 積雪期の周回で 時間的に厳しくなって 県道へ ショートカット・エスケープしたことも いままで何度か経験しているし 積雪期以外でも 矢筈山山域の 数多くルートなど 多々トレース経験済みです。

    矢筈山(1848)北西面 2007年
    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/243326b669d79cb3d9fd9845eddd3e13

    矢筈山(1848)へ 2007年1月から3月まで
    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/4a2d3479e600ef303eb013c6bce655ee

    矢筈山(1848) 北東面
    http://shumiyama.web.fc2.com/yomoyama/yahaz_ne2007.html

    2009年1月12日~2009年4月5日 矢筈山(1848)周辺。
    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/c64ee8a554f43151256d94eade7c12e8

    -------------------------------------------

    【定点観測】

    定点観測 積雪量比較 矢筈山(1848) 北側 稜線

    -----------------------------------------

    【APRS】

    2022年3月20日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
    今回 2台とも順調。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。今回 順調に動作するが 深淵は ほぼ圏外。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


    「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
    http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/

    -----------------------------------------------------------

    IBUKI.run 活動ログLIVE配信 2022年3月20日



    https://ibuki.run/
    リアルタイムに現在位置を表示公開。

    -----------------------------------------------------------

    【気象】


    令和4年3月20日 午前9時 地上天気図


    令和4年3月20日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    令和4年3月20日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    令和4年3月20日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料

    ------------------------------------------

    【冬期閉鎖】三加茂東祖谷山線 終日 全面通行止

    徳島県道44号 三加茂東祖谷山線 冬期閉鎖(終日 全面通行止)
    規制区間 三好市東祖谷落合(深渕集会所)~三好市東祖谷落合(九十九谷)
    規制期間 2021/12/18 13:00~2022/03/31 17:00
    問い合わせ先 徳島県西部総合県民局(三好庁舎)0883-76-0635

    ------------------------------------------






  • 趣深山shumiyama.com 2022年3月20日
  • 趣深山Jimdo 2022年3月20日
  • 2022年3月20日 fc2
  • 2022年3月20日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2022年3月20日
  • 趣深山ブログ fc2 2022年3月20日

  • 2022-03-20 : 矢筈山系 :
    Pagetop

    令和4年3月12日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)



    令和4年3月12日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)

    【日時】 2022 令和4年3月12日

    【天候】 曇 晴

    【コース】 菅生 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 菅生

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 3:27 --- 林用作業小屋跡 5:27 --- 1791m標高点 7:54 --- 菅生下山口標識 8:27 --- 三嶺 (8:51-9:14) --- 西熊山 (11:44-11:59) --- お亀岩 12:26 --- 天狗峠綱附森分岐 13:24 --- 天狗峠西山林道分岐 13:34 ---天狗塚 (14:00-14:18) --- 天狗峠西山林道分岐 14:44 --- 西山林道天狗塚登山口 (15:52-16:07) --- いやしの温泉郷 着 17:53

    【山頂】

    3月 このところ 一気に春めいて 夜間になっても 気温が下がらず 高温のままだ。

    いやしの温泉郷を 未明に出発。

    いやしの温泉郷 三嶺登山口付近は 伐採作業で 樹木がなくなり 一面 見渡せるように なってしまった。

    雪は 更に 減ってきていて、標高1100-1200m ぐらいから ようやく 雪の上を歩く。

    夜明けが さらに早まり、標高1600mすぎて 明るくなるも 曇天で太陽は顔出さないまま 登っていくと そのうちに ガスの中へはいる。

    気温が高く 雪が緩んで トレース痕での 踏み抜きが 次第に増えてくる。

    雪が減って 案内標識や鹿よけネットフェンスなども さらに 露出してきた。

    ■三嶺 「プラス2.8度 北 4m ガス 視界なし。」(累計登頂回数 741回)

    ガスの中 ここまで 南面の見える範囲で 笹の露出状況 雪崩デブリのある場所、雪崩ブロック崩壊、発生状況をチェック。

    また一週間で 南面の雪が だいぶ 落下してきているが 不安定な雪も残っているようだ。

    ■今日の山稜は 朝から 春の陽気で高温。

    季節は進み 春の融雪期にはいり 雪が緩んでグダグダな不安定な積雪状況になってきていて 注意が必要だ。

    縦走路は トレースあるも 踏み抜きが 頻発。

    潜りも大きくなり 所々 空洞に 深く はまる 箇所も増えきて 体力を消耗。

    ■登山道には 雪解け水が 流れたり 水たまりになったりしている箇所が続出。

    季節は一気に進んで 典型的な春の融雪期の様相だ。

    ■西熊山の南面を見ると 今冬 何度目かの雪崩痕を 確認。

    不安定な雪庇も まだ 残っている。

    大きな雪庇の落下痕をみると 破断面は1-2m位と大きい。

    そのうちにガスが とれてきて 天候は回復。三嶺が見えてきた。

    ■西熊山 「プラス4.7度 北4m 曇り。三嶺 次郎笈 天狗塚 見える。高温で雪が腐ってきている。」(累計登頂回数 611回)

    ■西熊山頂 西側の 積雪期に雪の溜まりやすい箇所で 長年ずっと観察している定点観測地点にて 積雪状態を確認。

    まだ 堆雪量は多い。

    http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/nishikuma-hukin.html

    ■お亀岩避難小屋付近の斜面の雪の状況をみる。南面の雪はだいぶ落ちて 笹が露出しているが 小屋はセーフ。

    ■お亀岩から天狗峠の登り区間では 高温でも雪庇が しっかり残っていて 要注意。

    ■天狗峠 東面の 上部グライドクラックは 前週に比べ 更に 一段と 大きくなってきて 下部の雪面には波打つシワシワも見られ もうすぐにでも 崩れそうな感じになってきている。

    天狗峠 東面は 典型的な雪崩地形で要注意箇所。

    ■見ると 天狗峠 南面側 谷道川の源頭部付近にも 比較的新しい雪崩デブリ痕がいっぱい。

    ■以前 天狗峠綱附森分岐 天狗峠東面で 雪崩地形のデブリ帯に わざわざ 入りこんで 大休止している 無知な大人数パーティーを見かけて 驚いたことがあった。(2010年1月24日)

    http://shumiyama.blogspot.com/2010/01/2010124_24.html

    https://youtu.be/mGAh8R0AJCQ

    ■四国の山では 雪崩と無関係と 思っている 無知の登山者が 四国には いまだに 多いのが残念ながらの現実。

    しかし四国内でも死者がでる雪崩事故が実際おきている。

    無雪時期とは ちがう 積雪期登山の危険性を 十分わきまえたうえでの 慎重な行動が求められる。

    http://shumiyama.web.fc2.com/yomoyama/nadare.html

    ■天狗塚 「プラス10.2度 西1.4m 晴れ。三嶺 剣山 次郎笈 見える。気温が高く 雪がグダグダ。」 (累計登頂回数 695回)

    季節は一気に進み 気温2桁とは。この時期としては 暑過ぎだ。

    ■雪が腐っているので慎重な行動が求められるなかで 陽のあるうちに いやし温泉郷へもどるには 今回も 牛の背は割愛し、素直に 天狗峠経由で西山林道へ下山することにする。

    天狗峠から西山林道へは 深く踏み抜きした ツボ足トレース多数。

    腐り雪に注意して慎重に下山。

    ■西山林道天狗塚登山口は路面に雪なく 駐車車両なし。

    ■林道阿佐名頃線 菅生方面の残雪は大幅に減ってきていて 轍も増えて 2週前や前週に比べて 随分 歩きやすくなっていた。

    ■この日 出会った登山者は菅生道5名。三嶺・西熊山 縦走路2名 お亀岩1名 計8名。

    西山林道 天狗塚登山口 駐車車両 なし。出会った走行車両もなし。

    2022 令和4年3月12日現在
    累計山行日数 1975日(内 四国 1585日)

    -----------------------------------------
    いやしの温泉郷 及び 奥祖谷観光周遊モノレール 当分の間 休業。
    -----------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/HTJJqqwkpms




    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72177720297320514

    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4079902.html

    YAMAP
    https://yamap.com/activities/16112066

    -------------------------------------------
    【三嶺(1893) 積雪期の名頃コース 特に ご注意】
    -------------------------------------------

    三嶺菅生道の 菅生登山入り口には 以下の看板があります。

    「この登山道は 十分な装備 体力 時間がない方は 行かないようにしてください。名頃登山口からの登山を お勧めします。」

    前段の部分は 年間通じて あてはまりますが

    後段の部分は 雪のない 無積雪期(スリーシーズン)の話であって 一般的に 雪が多くなるような 積雪期間には

    名頃登山道の 夏道ルートは 雪崩や滑落のリスクが高くなり 危険が 高いルートとなります。

    積雪期は名頃ルートが この 看板の内容とは 全く違うことを 十分 ご承知おきください。


    【三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意】

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/01d4cf0037eabf915f395a6a25cd617b

    http://shumiyama.blogspot.com/2013/12/1893.html


    【大雪の冬 三嶺(1893)の名頃コース】

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/e3e6c5d15b44fe7f384790c53be052f3

    【三嶺(1893)南面、雪崩リスクの高い斜面】

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/ccfba53bf2833fc4370da25f8924c670

    http://shumiyama.blogspot.com/2011/12/1893.html

    -----------------------------------------

    【APRS】

    2022年3月12日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
    今回 2台とも順調。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。今回 順調に動作。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


    「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
    http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/

    -----------------------------------------------------------

    IBUKI.run 活動ログLIVE配信 2022年3月12日



    https://ibuki.run/
    リアルタイムに現在位置を表示公開。


    -----------------------------------------------------------

    【気象】


    令和4年3月12日 午前9時 地上天気図


    令和4年3月12日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    令和4年3月12日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    令和4年3月12日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料

    【定点観測】西熊山山頂付近縦走路 定点観測http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/nishikuma-hukin.html






  • 趣深山shumiyama.com 2022年3月12日
  • 趣深山Jimdo 2022年3月12日
  • 2022年3月12日 fc2
  • 2022年3月12日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2022年3月12日
  • 趣深山ブログ fc2 2022年3月12日



  • 2022-03-12 : 三嶺・西熊山・天狗塚 :
    Pagetop

    令和4年3月5日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)



    令和4年3月5日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)

    【日時】 2022 令和4年3月5日

    【天候】 晴 黄砂

    【コース】 菅生 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 菅生

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 2:59 --- 林用作業小屋跡 4:45 --- 1791m標高点 7:20 --- 菅生下山口標識 7:51 --- 三嶺 (8:14-8:36) --- 西熊山 (10:17-10:36) --- お亀岩 11:03 --- 天狗峠綱附森分岐 12:10 --- 天狗峠西山林道分岐 12:25 ---天狗塚 (13:05-13:33) --- 天狗峠西山林道分岐 (14:03-14:09) --- 西山林道天狗塚登山口 (15:06-15:21) --- いやしの温泉郷 着 17:19

    【山頂】

     いやしの温泉郷を 未明に出発。

    いやしの温泉郷 三嶺登山口には林業用作業重機が置いてあり 付近に「新たな作業道」がつけられて 広範囲に伐採作業が進んでいた。

    このところ暖かい日々が続き 登山道の雪は 前週から だいぶ減っていて、いやしの温泉郷付近は雪がなく、しばらく のぼって 標高1100-1200m ぐらいから ようやく 雪の上を歩く。トレースあり。

    3月になって夜明けが 早くなり、標高1700mぐらいの 剣山 次郎笈が見える 辺りで 日の出。

    天気自体は良いのだが 黄砂の影響か 遠くは霞んで 日の出の陽射しにも 褐色が かかる。

    前週まで 雪に埋まって 少し頭だけ でていた 鹿よけネットフェンスも 雪が減って だいぶ露出してきた。

    今日は気温上昇が予想され 雪が締まり 雪上を 楽に歩けるのは 気温が低い 朝の間だけに なりそうだ。

    ■三嶺 「マイナス0.8度 南西 6.8-3m 晴 黄砂。剣山 次郎笈 天狗塚 見えるが 黄砂で 霞む。雪が少なくなり 久しぶりに山頂の地面が露出していた。」(累計登頂回数 740回)

    前週まで白一色だった三嶺南面を見る。

    雪のつきかた、笹が露出したところ、雪崩デブリのある場所、雪崩ブロック崩壊、発生状況をつぶさに観察すると、この一週間で 南面の雪が だいぶ 落下したようだ。

    ■この時期の朝の気温としては 少し高いが いまのところ 雪質も安定しているようなので 縦走路へ向かう。

    縦走路には 前日までの トレースが残っている。

    三嶺西熊山間の山稜南面の雪崩発生箇所などには デブリが下に溜まっているのを 確認。

    西熊山 雪稜ルートは やや雪も減ってきていて 西熊山南側 雪庇もだいぶ 落ちてしまっている。

    ■西熊山 「プラス1.7度 西7-3m 晴 黄砂。三嶺 次郎笈 天狗塚 見える。遠くは黄砂で霞む。」(累計登頂回数 610回)

    ■西熊山頂西側の積雪期に雪の溜まりやすい箇所で 例年ずっと観察している定点観測地点にて 積雪状態を確認。

    減っているが いまだ まずまずの堆雪量。

    http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/nishikuma-hukin.html

    ■お亀岩避難小屋付近の斜面の雪の状況をみる。

    少しまえに 小屋の前に一度 雪が滑り落ちきていて いまでも雪が堆雪しているが 今のところは 小屋自体はセーフ。

    だが 山稜の斜面には新たな 不安定な雪の亀裂が 見うけられるなど 3月も 油断はできない。

    ■お亀岩から 天狗峠の登り あたりからは 気温が ぐんと上昇して 雪が緩んできた。

    ■お亀岩から天狗峠の登り区間 雪庇が落ちてない箇所もあり 要注意。

    天狗峠 東面の 上部には 大きなグライドクラック。

    一度は雪崩れたものの また 積雪し 不気味なクラックが 再度できてきて 天狗峠 東面は 典型的な雪崩地形の 不安定さを 見せている。

    ■以前 天狗峠綱附森分岐 天狗峠東面での 雪崩地形のデブリ帯に わざわざ 入りこんで 大休止している 無知な大人数パーティーを見かけて 驚いたことがあった。(2010年1月24日)

    http://shumiyama.blogspot.com/2010/01/2010124_24.html

    https://youtu.be/mGAh8R0AJCQ

    ■暖冬気味の冬が続き 四国の山では 雪崩と 無関係と 思っている 無知の登山者が 四国には いまだに 多いのが現実。

    これは、北海道・東北・北陸など 多雪地域の 登山者と比較すれば 積雪期の山に接する機会が四国の登山者には 少ないからだと思う。

    四国内でも雪崩事故がおき 死者も出ている。

    無雪時期とは ちがう 積雪期登山の危険性を 十分知ったうえで四国内でも それをふまえての慎重な行動が求められる。

    http://shumiyama.web.fc2.com/yomoyama/nadare.html

    ■天狗峠から 天狗塚間では 気温が上昇し 雪が腐ってきてペースがぐっと 落ちる。

    登山道に 雪解け水が 流れている箇所もあった。

    ■天狗塚 「プラス4.5度 西4.6m 晴 黄砂。三嶺 剣山 次郎笈 見えるが黄砂で霞む。気温が高い。」 (累計登頂回数 694回)

    ■天狗塚山頂で 陽のあるうちに いやし温泉郷へ戻れるかどうか 今後の時間配分を勘案。

    気温が高く 雪が腐っているので 慎重な行動が求められ 牛の背へは 思った以上に時間がかかりそうだ。

    今回も 無理せず 素直に 牛の背は 割愛。

    天狗峠経由で西山林道へ 気温上昇の 腐り雪に注意して 慎重に下山。

    ■西山林道天狗塚登山口には 駐車車両なし。

    ■林道 阿佐名頃線は 菅生方面は 轍がないものの 前週に比べ雪は大幅に減っていて 前週きつかった 林道ラッセルもなく 随分 歩きやすくなっていた。

    林道阿佐名頃線 天狗塚登山口から 約2.2km先進むと 目新しい しっかりした 4WD車の轍に であった。

    雪面に残る 轍や足跡痕 等 から類推すると 深雪をかき分けて 地籍調査の仕事が行われたようで 本格的4輪駆動車が 深雪の林道を菅生方面から かなり苦労して 登ってきて、地籍作業を行い、境界表示標が 雪を掘り起こしたなかに 新たに設置されていた。お仕事 ご苦労さまでした。

    ■集落の給水設備の点検

    林道脇に各集落への給水設備が設置されている。

    寒波などで 凍結があったりすると 破裂することもあるようで 林道脇に設置された各集落の給水設備の点検も 冬季も定期的に 行われているようだ。

    ■集落の給水装置の給水ホース。

    いやしの温泉郷の登山口に 注意書きの 看板がでていたが アイゼンなど履いた 登山者は 登山道や道路脇にある 給水ホースを 損傷しないようにしたいものだ。

    ■この日 出会った登山者は無。計0名。

    西山林道 天狗塚登山口 駐車車両 なし。

    2022 令和4年3月5日現在
    累計山行日数 1974日(内 四国 1584日)

    ----------------------------------------

    ■帰路 国道439号の京上付近で 2020年から建設中だった 下瀬2号トンネルが この日 開通し一般車も 通れるようになっていた。

    下瀬トンネルは9年前の2013年開通。
    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/b7215b330669cf3105f7f70dfba6b398

    今回下瀬2号トンネル開通で 当初計画トンネル3本の予定が 現道拡幅で2本のトンネルに計画変更されて 落合工区のバイパスは完成。

    ■祖谷街道 開通後 百年。 1920年(大正9年)開通
    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/dd42f28bbdcff9c2c79cdee3a892f0fe

    ----------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/OJ7ZAB-2488


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72177720297159433

    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4058402.html

    YAMAP
    https://yamap.com/activities/15989228


    -----------------------------------------
    2021年度
    いやしの温泉郷 及び 奥祖谷観光周遊モノレール 当分の間 休業。
    -----------------------------------------

    三嶺菅生道の 菅生登山入り口には 以下の看板があります。

    「この登山道は 十分な装備 体力 時間がない方は 行かないようにしてください。名頃登山口からの登山を お勧めします。」

    前段の部分は 年間通じて あてはまりますが

    後段の部分は 雪のない 無積雪期(スリーシーズン)の話であって 一般的に 雪が多くなるような 積雪期間には

    名頃登山道の 夏道ルートは雪崩や滑落のリスクが高くなり 危険が 高いルートとなります。

    積雪期は名頃ルートが この 看板の内容とは 全く違うことを 十分 ご承知おきください。


    【三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意】

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/01d4cf0037eabf915f395a6a25cd617b

    http://shumiyama.blogspot.com/2013/12/1893.html


    【大雪の冬 三嶺(1893)の名頃コース】

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/e3e6c5d15b44fe7f384790c53be052f3

    【三嶺(1893)南面、雪崩リスクの高い斜面】

    https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/ccfba53bf2833fc4370da25f8924c670

    http://shumiyama.blogspot.com/2011/12/1893.html

    -----------------------------------------


    【APRS】

    2022年3月5日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
    今回 2台とも順調。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。今回 順調に動作。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


    「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
    http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/

    -----------------------------------------------------------

    IBUKI.run 活動ログLIVE配信 2022年3月5日



    https://ibuki.run/
    リアルタイムに現在位置を表示公開。

    今回 うっかり充電忘れで 途中 電池切れ。失敗。

    -----------------------------------------------------------

    【気象】


    令和4年3月5日 午前9時 地上天気図


    令和4年3月5日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    令和4年3月5日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    令和4年3月5日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料

    【定点観測】西熊山山頂付近縦走路 定点観測http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/nishikuma-hukin.html






  • 趣深山shumiyama.com 2022年3月5日
  • 趣深山Jimdo 2022年3月5日
  • 2022年3月5日 fc2
  • 2022年3月5日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2022年3月5日
  • 趣深山ブログ fc2 2022年3月5日

  • 2022-03-05 : 三嶺・西熊山・天狗塚 :
    Pagetop
    ホーム

    MENU

    プロフィール

    趣深山fc2

    趣深山です(四国 高松)男性