趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

平成26年10月19日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

20141019-5610.gif


平成26年10月19日
晴れ

三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)


【記録】

いやしの温泉郷 発 6:50--- 林業作業小屋跡 8:07 --1791m標高点 9:56 --菅生下山口標識 10:18 -- 三嶺 (10:40-11:03) ---西熊山 (12:08-12:27) ---お亀岩 12:47---天狗峠 綱附森分岐 13:10 ---天狗峠西山林道分岐 13:14---天狗塚山頂 (13:36-13:51)---天狗峠西山林道分岐 14:05---1476標高点 14:25---西山林道天狗峠登山口 (14:43-14:52) --- いやしの温泉郷 着 16:17

【山頂】

■三嶺 「12.9度 南 4m 晴れ 剣山 次郎笈 天狗塚 東赤石 笹ヶ峰 石鎚山系 見える」(累計登頂回数 431回)

■西熊山 「14.4度 南 4.8m 晴れ 次郎笈 三嶺 笹ヶ峰 石鎚山系 見える」(累計登頂回数 354回)

■天狗塚 「14.1度 南5m 晴れ 三嶺 剣山 次郎笈 見える 石鎚山系方面は 少しもやがかかってきた」(累計登頂回数 440回)

絶好の秋晴れ 視界良好
登山者も多かった

【動画】

http://youtu.be/ruK0T6W1JaE



GoPro
http://youtu.be/ZB9cjRU253M


【写真】

flickr
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157648450902440/

GoPro
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157648483070607/



ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-533269.html


未明 京上トンネル 冷えている


三嶺 山頂 手前


三嶺 を振り返り 見る


天狗塚


天狗塚 山頂 賑わう


平成26年10月19日 午前9時 地上天気図


平成26年10月19日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成26年10月19日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成26年10月19日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



  • 趣深山shumiyama.com 平成26年10月19日
  • 趣深山Jimdo 平成26年10月19日
  • 平成26年10月19日 fc2
  • 平成26年10月19日 digi2
  • 趣深山ブログ goo
  • 趣深山ブログ fc2

  • 2014-10-19 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    美しい山容と裏腹に「いつ何が起こるか 本当に わからない」 という火山 本来の潜在的危険性と隣合わせ


    まったく 悪い タイミング。

    紅葉の時期。爽秋の好天、大勢の人々で賑わう 週末の ちょうど お昼時、登山者が一番 多く 山頂付近に集まり 滞留し まさに ちょうどの時間帯。

    この時間帯を 狙い撃ちするような 最悪のタイミングで 突然の火山爆発。

    最悪時間帯だけに おおくの人々をまきこんで 痛ましい限りの なんとも いいようのない大惨事となってしまった 御嶽山の噴火。

    もし 時間帯が季節はずれの 夜間とか 悪天で人出が少なかったりの場合 だったら こんなことには ならなかったのに。。。残念です。

    そもそも 活発に活動する火山性の山は 人々を惹きよせるものを持っています。
    長い間に浸食され 削られてきた 壮・老年期の山に比べ 火山の山は なんとも美しい山容を誇る 秀峰ばかりなのです。

    富士山も 地球史的な時間スケールでは つい このあいだまで 噴火していた山です。

    こうした 美しい山容に惹かれ 高まる著名山の人気。

    美しい山容と裏腹に 今回の御嶽のように
    「いつ何が起こるか 本当に わからない」
    という火山 本来の潜在的危険性と隣合わせなのでした。。。。

    それなのに いつもは 何事も無く
    「知らぬが仏」で ただ単に 「運よく」 登っていたのでしょう。

    そういう わたくしも 数多くの火山性の山に登らせていただいてきて、
     自分の「手持ちの運」など いままでの山行で もうすっかり すべて 使い果たしているのではと感じています。

    今後は 幸運だけでは切り抜けないような場面に直面するのでしょう。

    自然の脅威の前には なんとも しようがない、
    山の恐ろしさを 今回 あらためて再認識し 自省しています。

    御嶽山で 亡くなられた方々の ご冥福を 心より お祈りいたします。合掌。
    2014-10-02 : 遭難 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム

    MENU

    Twitter

    プロフィール

    趣深山fc2

    趣深山です(四国 高松)男性