趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

平成26年8月31日 光石 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 光石

20140831-561.jpg


平成26年8月31日 曇 雨

光石 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 光石

【記録】

光石登山口 5:45 ---西熊林道ゲート 5:57---西熊林道--さおりが原 6:38---カヤハゲ (8:16-8:26) ----三嶺山頂 (9:11-9:40) --- 西熊山 (10:41-11:03) ---お亀岩 11:25--- 天狗峠 綱附森分岐 11:47 ---天狗峠 西山林道分岐 11:53--- 天狗塚山頂(12:10-12:30)--- 天狗峠 西山林道分岐 12:54 ---天狗峠 綱附森分岐 12:59 --- 地蔵の頭 13:03 ---堂床下山分岐 (13:48-13:55)----綱附新道経由---堂床 綱附新道分岐標識 (14:50-14:55)---光石登山口 15:18

【山頂】

■三嶺 「14.7度 南 2m ガス 視界なし」(累計登頂回数 426回)

■西熊山 「18.1度 南 2m ガス 視界なし 下のほうが 一部見える」(累計登頂回数 350回)

■天狗塚 「18.6度 南0.9m ガス 視界なし 時折 ガスが切れ 天狗峠と 牛の背が見えるがまたガス。」(累計登頂回数 436回)

途中 雨が降り出す

【動画】

http://youtu.be/43BgxiXeHsU


【写真】

flickr
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157646653924899/

ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-502541.html


南海トラフ地震対策








ヒカリ石 登山口


西熊林道入口


ゲート


すぐ先で 土石崩れ


土砂流入


落石


橋 流れドメのワイヤーが機能した。


さおりヶ原


トチ


ケヤキザコ分岐


フスベ分岐


シカネット


三嶺見える


三嶺を見る


西熊山方面


カヤハゲ から三嶺


カヤハゲから 白髪方面


カヤハゲから 高ノ瀬方面


カヤハゲ


三嶺を見る


ガスが出てきた


天狗岩


テキサスゲート


三嶺山頂


三嶺


三嶺ヒュッテ方面


三嶺ヒュッテ方面


希望のコル付近


テキサスゲート


縦走路


縦走路


三嶺方面振返る


縦走路


三嶺方面振返る


縦走路


西熊山山頂


西熊山


三嶺方面


縦走路


縦走路


天狗塚が少し 見えた


縦走路


縦走路


縦走路


お亀岩避難小屋


お亀岩避難小屋


お亀岩避難小屋


お亀岩


お亀岩避難小屋


天狗峠の登り


天狗峠 綱附森分岐


天狗峠 綱附森分岐


天狗峠 西山林道下山分岐


天狗塚へ向かう


天狗塚 直下


天狗塚山頂


天狗塚山頂


牛の背 少し見える


天狗塚 振返る


綱附森 方面


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


牛の背


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


天狗塚 振返る


地蔵の頭方面を見る


天狗峠 綱附森分岐から 天狗塚を見る


天狗峠 綱附森分岐から 西熊山を見る


地蔵の頭


地蔵尊


地蔵尊


地蔵の頭を振返る


綱附新道 堂床方面分岐


綱附新道 堂床方面分岐


岩小屋


堂床方面 標識





綱附新道 入口


堂床 旧小屋跡





さおりヶ原 登り口








堂床 野営場


土砂崩れ


土砂崩れ


ヒカリ石 登山口


登山口


久保影で 朝 空白の看板だったがのが 帰りに見たら ポスターいっぱい。

旧物部村時代は 考えられない 位 大型の看板だ。

町村合併の影響で 大型看板が必要になったのだろうが 
旧物部村山間部など 人口比を考えると 全市一区で選挙区なしだと 厳しい選挙が予想される。

実際 久保影には貼ってなくても 人口の多いところには 貼ってある候補者もあった。

そういえば 徳島県三好市東祖谷 深渕(旧 東祖谷山村)も 空白のある選挙看板を よく見る。

町村合併後の山間地の 先行きが気になる。



大栃


平成26年8月31日 午前9時 地上天気図


平成26年8月31日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成26年8月31日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成26年8月31日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画

 


  • 趣深山shumiyama.com 平成26年8月31日
  • 趣深山Jimdo 平成26年8月31日
  • 平成26年8月31日 fc2
  • 平成26年8月31日 digi2
  • 趣深山ブログ goo
  • 趣深山ブログ fc2



  • 2014-08-31 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    スマホを登山用GPSとして活用

    昨今 スマホの普及が著しい。

    一気に広回った 電子機器スマホ、じつは高性能GPSが内蔵されている。
    これを 登山用に 積極的に 活用できないか?

    「スマホ」 機器やソフトの 進化も著しく、ここにきて 登山用に アレンジされて 熟成度がアップして一応満足できる 段階になってきたものが出てきている。

    もとより GPSの入った携帯型電子機器で 古くからあるのは ガーミン社製のGPS。こちらは 高い完成度と 一定の評価がなされ、携帯GPS機器の老舗本家といったところだ。

    本家のGPSは使い勝手もいいが スマホでも内蔵GPSで簡単に登山用に活用できないか?

    スマホの登山用の活用で いろいろな使用条件をクリアーしなくてはいけないが まず一番の障害になるのは

    ■スマホ 山中での 手荒な扱いに耐えるか

    山中で デリケートな電子機器を頑丈なケースに入れ まるで 腫れ物にさわるように使うのでは 使い勝手がきわめて悪い。

    湿気 風水 雪 など悪条件の山中で 気兼ねなく使えるか?

    ■実は 理想的製品が このたび 新発売された。

    480x1_left.jpg


    新発売のタフパッドは 理想的な頑丈さ 大容量電池 高精度GPSの 高性能を誇るが チョット高価で しかも重い。

    タフパッド FZ-X1 アンドロイド(455グラム リチウムイオン 容量:6200 mAh )

    http://panasonic.biz/pc/prod/pad/x1/spec.html

    文句なく理想的な製品FZ-X1を 重量 財布を気にせず 使うのもいい。

    だが 薄い財布が ぶ厚くなるのを 待つには辛抱がいり 時間もかかりそう。
    この場合、もっと手っ取り早く なにかないか?

    理想は理想であるが まず簡易的にスマホを 山中で 試しに使ってみたい。

     ここでは 財布をケチッテ もっと 手軽な価格で 手に入りやすくて 性能 使い勝手が向上している電子端末でなにか良いのはないか 一応探してみる。

    ---------------------------------------------------------------
    【注意】

    ●2014年7月下旬から出荷を開始 FZ-X1は、KDDI(au)のLTE/3G回線(CDMA2000/1xEV-DO)に対応
    ●FZ-X1のNTTドコモ対応モデルについては、2014年秋の発売を予定。

    http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/07/jn140714-1/jn140714-1.html

    ---------------------------------------------------------------

    ■山中では 基本 圏外が多いので携帯圏外エリアで ネット接続なしで 必要最小限の機能だけ動かせば 電池容量は十分足りる。

    登山用で使えるGPS機能を持って 満足度のあるGPS基本性能をもって、手荒な条件に耐え気兼ねなく使える 低廉な価格で 手に入る防水仕様。

    登山用の条件を満たす スマホの端末。なにか良いのはないかと物色。

    ■アンドロイド系の防水スマホ

    アップル社製のIOS端末は熟度も高く 大変魅力的なので、ソフト「フィールドアクセス」も使ってみたが、やはり本体自身で防水仕様でないのが気がかり。

    一方 アンドロイド系の防水スマホは 中古で数多く出回っている。デジカメ性能も上がっていて 低廉なデジカメ買うくらいの気持ちで 気安く手に入る。

    新品は 携帯電話会社との契約が必要だが SIM無し中古なら きわめて新しいものでも 格安に中古・新中古品が出回っている。

    ■スマホ で問題なのは電池消耗

    一日も電池が 持たないスマホなど山中で使えるはずもない。

    電池の消耗が激しいのは 小さいボディーに 「てんこ盛り」の機能やソフトをいれたわりに 小さいボディで電池容量が少ないという携帯会社メーカーの姿勢こそが問題の発端。

    だから いらない機能を そぎ落とし、電池容量の大きいものを使えば 一挙に問題は解決する。


    ■SIM無し アンドロイド スマホ。

    電池消耗を少なくして 圏外で使う 端末。

    それなりに新しくて 新中古が出回って手に入りやすい のはアンドロイド(4.2.2)。

    携帯会社で契約するより スマホ単体 SIM無し のほうが 気兼ねなく使えて 安くて 電池もちが いい。

    比較的 新製品で 電池大容量。内蔵高性能GPS。などを 考慮し検討の結果 以下の機種を使うことにした。

    ■ドコモ 2013-2014冬春モデル SH-01F 白ロム(SIMなし)

    AQUOS PHONE ZETA SH-01F docomo 白ロム アンドロイド(4.2.2)

    (SIMなし)機器単体だけをネットで購入。携帯会社とは契約無し。(月額料金高く 使わない機能が多く 電池消耗増えるだけで 使い勝手が悪くなるだけ)

    GPS性能まずまずのレベル、いらぬ機能を止めれば 3000mAhで電池持続もよい。

    一番の弱点は「てんこ盛り」のソフトがどっさり のっていて バックグランドで動作したりして 電池を消耗すること。だから登山用には 必要最小限以外のソフトや機能 は バッサリ 削除か使用停止する必要があること。

    ■アンドロイド スマホ(SIMなし) ネット接続はWIFIのみ。

    AQUOS PHONE ZETA SH-01F docomo 白ロムは
    防水型 スマホ アンドロイド(4.2.2)
    内蔵GPS性能まずまず。

    バックグラウンドで動く 不要な機能 ソフトなどは すべて止めたり 削除すれば 一層 動きがキビキビしてくる。

    電池の持ちをよくするため 普段WIFIで使用し SIMは いれない。(従って 音声電話はできないので もし音声電話するには 別の携帯電話をつかう)

    ネット接続はWIFIのみ 必要なときだけ接続。

    外出時 ネット接続の必要なときは別に モバイルWIFIルーターを用意しておく。

    山岳地帯でのネット接続するときは電池消耗を考え 電波の通じるところだけで 必要最小限に留める。

    私の通う 山岳地帯では 端末は基本 圏外と考えていい場所だ。

    万が一つながっても 不安定だ。

    だから 山中では 基本は端末だけでつかい。ネット接続使用は無し。

    つかうのは 以下のソフト

    ■山中 圏外エリアでドコモ AQUOS PHONE ZETA SH-01Fで 使用するのは以下のソフト

    アンドロイド(4.2.2)

    1 地図ロイド 膨大な地図データはSDカードへ
    20140827-08336.jpg

    2 山旅ロガ- ゴールド
    20140827-08338.jpg

    3 山メモ(ヤマレコと連動) (気が向いたところでネット接続送信)
    20140827-08339.jpg

    ■このところ 何回か 実際に山中で使ってみて(雨中もあり)

    1 悪条件でも結構まともに衛星捕捉する GPS
    2 地図 GPS駆動だけなら 電池は かなり長持ち
    3 でも いらぬソフト 通信機能 動かすと たちまち電池消耗
    4 「てんこ盛り」のソフト 消しても 消しても 機能の一部が残るのが弱点。

    まだ 使い始めだが 現在のところ 一応満足できるレベルだ。

    いま 基本性能を阻害しない範囲での「てんこ盛り」のソフトの徹底削除方法を更に研究中。
    2014-08-28 : gps : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    平成26年8月24日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    20140824-561.gif


    平成26年8月24日

    曇り 雨

    三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)


    【記録】

    いやしの温泉郷 発 6:36--- 林業作業小屋跡 7:59 --1791m標高点 9:27 --菅生下山口標識 9:48 --三嶺ヒュッテ (9:49-9:52) -- 三嶺 (10:03-10:21) ---西熊山 (11:22-11:37) ---お亀岩 11:57---天狗峠 綱附森分岐 12:21 ---天狗峠西山林道分岐 12:29---天狗塚山頂 (12:45-13:04)---天狗峠西山林道分岐 13:21---1476標高点 13:51---西山林道天狗峠登山口 (14:12-14:27) --- いやしの温泉郷 着 16:15


    【山頂】

    ■三嶺 「17.4度 南 2.2m ガス視界なし」(累計登頂回数 425回)

    ■西熊山 「18.6度 南 2m ガス 視界なし」(累計登頂回数 349回)

    ■天狗塚 「18.1度 南3m ガス 視界なし」(累計登頂回数 435回)

    林道に降りたら 雨が降り出す

    【動画】

    http://youtu.be/ZzteMDZn9eE



    【写真】
    flickr
    http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157646809514305/



    徳島県道45号 西祖谷山山城線
    大歩危の 山腹崩壊箇所は 片側交互通行になっていた。(日中は 時間通行止め が行われる)


    青信号


    21度


    徳島県道32号 山城東祖谷山線 東祖谷高野 倒木あり


    大型バスが 倒木でストップ


    いやしの温泉郷 到着


    登山口


    雨が上がった


    ドングリの調査


    モノレール


    モノレール


    標識


    モノレール


    林用作業小屋跡


    少し平らなところ


    1791m


    ネットフェンス 鹿よけ 補修が進んでいた


    菅生 下山道  分岐標識


    三嶺ヒュッテ


    山頂方面


    三嶺ヒュッテ


    三嶺ヒュッテ 内部


    三嶺ヒュッテ


    山頂方面





    三嶺山頂


    三嶺山頂


    希望のコル


    西峰に 測量用ポール


    テキサスゲート


    縦走路


    縦走路


    西熊山


    西熊山


    お亀岩


    お亀岩方面を振り返る


    天狗峠 綱附森 分岐


    天狗峠 付近


    天狗峠 西熊林道 下山標識


    天狗峠 西熊林道 下山標識


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚


    牛の背方面ちらっと ガスの切れ目 水が殆どなかった


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚


    天狗峠


    天狗峠


    1476m


    西熊林道 天狗塚登山口


    西熊林道 天狗塚登山口 車なし


    西熊林道 天狗塚登山口


    西熊林道 天狗塚登山口から歩き出す


    すぐに 雨


    第四堰堤


    第三堰堤


    モノレールとクロス


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    平成26年8月24日 午前9時 地上天気図


    平成26年8月24日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成26年8月24日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成26年8月24日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画
    2014-08-24 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    平成26年8月17日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    20140817-563.gif


    平成26年8月17日

    曇り 一時 小雨

    三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 8:20--- 林業作業小屋跡 10:04 --1791m標高点 11:38 --菅生下山口標識 11:58 ---- 三嶺 (12:08-12:31) ---西熊山 (13:20-13:33) ---お亀岩 13:49---天狗峠 綱附森分岐 14:09 ---天狗峠西山林道分岐 14:14---天狗塚山頂 (14:30-14:46)---天狗峠西山林道分岐 15:05---1476標高点 15:37---西山林道天狗峠登山口 (16:00-16:15) --- いやしの温泉郷 着 17:44


    【山頂】

    ■三嶺 「17.8度 南 3.1m ガス視界なし」(累計登頂回数 424回)

    ■西熊山 「20.5度 南 2.8m ガス 視界なし」(累計登頂回数 348回)

    ■天狗塚 「18.0度 南4.4m ガス 視界なし 一時 ガスが切れ 天狗峠 牛の背 が一時 見えた 池の水は満杯 またすぐガスがかかる」(累計登頂回数 434回)


    【動画】


    http://youtu.be/8WEP1JryS5k



    http://youtu.be/n443ydvUQso





    【写真】
    http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157646175844968/









    このところ 台風、大雨など 雨が続いていたが この日も前日 大雨が降って 山は水気をいっぱい含んでいた。

    国道を走ると 道路脇から吹き出す 水の勢いが強い。

    国道32号大歩危から 大歩危橋を渡り 祖谷トンネル方面へ「県道45号 西祖谷山山城線」で向かおうとすると すぐに 山腹崩壊 通行止め。(前夜 崩れたようだ)

    このときの 通行規制情報 (後日 確認)
    http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2014081700023/files/douro1408162240.pdf















    迂回路は 旧祖谷街道。 出合経由の 山城東祖谷山線。

    大歩危から 祖谷口まで 引き返し 出合経由の細道をたどる。




    にしいや道の駅 
    ここで 話をうかがうと

    今年の夏は 大雨台風 続きで 観光客いりこみが 半分ぐらいに 大幅に落ち込んでいるとか。。。

    さらに この通行止めは 本当に痛い。


    こちらでも 西祖谷山山城線は全面通行止めで 迂回路の 山城東祖谷山線の方に 誘導している。


    保命橋
    水量が多い


    いやしの温泉郷へ やっと 到着


    登山口 


    雨は上がったが 時折 小雨


    モノレール


    モノレール2


    標識


    モノレール 4


    林用作業小屋 跡


    普段水が流れない 小さい 沢も 水がいっぱい流れている


    こんなところも 激しい 水流


    やや平坦になったところ


    1791m 標高点


    シカよけ ネットフェンス


    菅生 下山 標識


    三嶺山頂
    測量用の ポールあり


    三嶺 山頂


    ポール


    テキサスゲート


    大タワ 水たまりあり


    西熊山


    縦走路


    縦走路


    お亀岩


    天狗峠 綱附森分岐標識


    天狗峠


    天狗塚 ガスがかかっている


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚山頂


    天狗塚山頂 少し ガスが切れた
    ガスの切れ目に見えた 天狗の池も 水がいっぱい


    天狗塚振返る


    天狗塚振返る


    天狗塚振返る


    天狗塚振返る


    天狗峠 西山林道 下山標識


    1476m


    天狗塚 登山口


    どの沢も 水量が多い





    第四堰堤


    第三堰堤


    通行止め 看板


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷 到着


    帰路は 小島峠 越え(徳島県道261号 菅生伊良原線)
     明渡橋で438号へ

    峠には 菅生小 閉校記念植樹があった

    隣には 明谷小 の閉校記念植樹(薄墨桜)が立派な木になっていた。
    ついこの間 この菅生小の記念植樹 位の 小さな木 だったのに。。。



    平成26年8月17日 午前9時 地上天気図


    平成26年8月17日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成26年8月17日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成26年8月17日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画


    徳島県道 45号 西祖谷山山城線 山腹崩壊 通行止



  • 趣深山shumiyama.com 平成26年8月17日
  • 趣深山Jimdo 平成26年8月17日
  • 平成26年8月17日 fc2
  • 平成26年8月17日 digi2
  • 趣深山ブログ goo
  • 趣深山ブログ fc2

  • 2014-08-17 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム

    MENU

    Twitter

    プロフィール

    趣深山fc2

    趣深山です(四国 高松)男性