趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

平成24年2月26日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

20120226-36-561.gif


平成24年2月26日 雪 曇

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 6:14 -- 林業作業小屋跡 7:38 --1791m標高点 9:26 --菅生下山口標識 9:50 --三嶺ヒュッテ 9:52-- 三嶺 (10:10-10:36) -----西熊山 (11:44-12:03) --お亀岩 12:19--天狗峠 綱附森分岐 12:55 --天狗峠西山林道分岐 13:00---天狗塚山頂 (13:15-13:47)--天狗峠西山林道分岐 14:03 --1476標高点 (14:24-14:38)-西山林道天狗峠登山口 14:56 --いやしの温泉郷 駐車地点着 16:30


【山頂】

三嶺 「-8.0度 北 3m 雪 視界なし だいぶ雪がとけていた。」 
今回で累計登頂回数 329回

西熊山 「-7.9度 北 4-8m 雪 視界なし」
今回で累計登頂回数 287回

天狗塚 「-8.0度 北 5-8m ガス 視界なし そののち 一時ガスが切れ 天狗峠 牛の背が 見えたが またガス。」 
今回で累計登頂回数 375回

積雪はこの一週間でだいぶとけていた。少なくなった 旧い雪の上に 新たに新雪がすこし。


三嶺山頂 この一週間 積雪が 一気に減った。


だいぶ とけてしまった。


お亀岩 天狗峠 間 雪庇の状況 

http://youtu.be/-11wtzcdKrI



ピカサ写真

平成24年2月26日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)



スライドショー



平成24年2月26日 午前9時 地上天気図


平成24年2月26日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年2月26日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年2月26日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画





川の防災情報
「「明神山」及び「高城山」レーダ雨量は一時的にデータの提供を停止します。「明神山」及び「高城山」レーダ雨量は、吉野川ダム統合管理事務所設備更新に伴う電源切替のため、平成24年2月25日(土)、3月3日(土)の各日9時00分~19時00分の間、データの提供を停止します。ご了承ください。(予備日:2月26日,3月4日,10日,11日,17日の各日9時00分~17時00分」


平成24年2月26日 午前9時 850hPa高層天気図 拡大

この日の 天候は レーダーアメダス 川の防災情報 等では ちょっとわかりにくいが 850hPa高層天気図だとわかりやすい。




2012-02-26 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山を完全に味わう

山を完全に味わう

-----------------------------------------------

「 山を完全に味わう

 山を完全に味わうということは
そんなに ムズカシイことなのだろうか?

・・・そう たしかに

その山を眺めているだけでは 無理かも知れない

・・・だからおれたちは氷の斜面を攀じ
岩壁の棚に泊まりながら
その山嶺に達しようと

努力しているのだが・・・ 」

『白い城砦』芳野満彦 著 1970年 あかね書房

-----------------------------------------------

山歩きを 貪欲に 楽しむ極意は 山を登るのに いかに 苦労して登るか どうかにある。

快晴無風の いい天気でトレース のしっかりついた コースを 人の痕跡のとおりに 登る 雪山 もよいが、それより厳寒の風雪のなか 底なしラッセル、低視程でルートファインディング に苦労して 登るほうが  同じ雪山を登るのでも 10倍以上に 山登りを貪欲に楽しみことができる。

たとえ 同じコースを登っても、より すくない労力で 楽して 登れば 苦労して登るのに 比べれば、えられる感動は とても すくなくなる。

できるだけ 多くの労苦をして 登ってこそ 山登りの楽しさを より 深く味わえるというものだ。

このことは 便利な 交通機関を使わず わざわざ 歩き遍路で巡礼するのにも よく似ている。

ただし 山のなかは 危険が いっぱい。

だから 山の危険を十分 認識し、自分の技量 体力 経験など勘案して、 自分の 登るスタイルをきめ 装備、 登るルート、コース の選択も慎重に判断し 綿密に計画を練り上げて、自分が 安全に登山できる 範囲内で山に登らなくてはいけない。

あくまで自分の範囲内で より 多くの 苦労をして 登ることで より多くの 感動を えられる。

振り返ってみれば いにしえから 山に登る者は 山のたのしさを求め いかに苦労して登るかに こだわってきた。

簡単には登れない より 難しいバリエーションを 困難を 求めて、すこしでも 難易度を高め 続けて きたのも、山を もっと もっと 貪欲に楽しもうと 努力し 続けてきたからだろう。

だが
ひとつ 山を こえれば また 山がある。
さらに その先にも やま また やま。
また その先にも さらに やまなみが連なっている。

一山越えて また一山

-----------------------------------------------


「 山なみ

見知らぬ山が
幾重にも 幾重にも
遠く連なる

白い大波のようだ

僕の瞳は まるで
土管のように
頭の中へ筒ぬけだ

山 山 また山
白い大きな波
その うねり

それらが
日本アルプスでもヒマラヤでも
僕は いっこうにかまわない

その太古ながらの
静謐な白い波 」

『山靴の音』 芳野満彦 著

-----------------------------------------------
2012-02-24 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「良い判断は経験から、経験は悪い判断から得られる」

risk2012-02-5.jpg

「習慣がいつも問題だ。アンカレッジ(アラスカ州)の近くにある、この明白なアバランチ・パスにおいて、なぜ皆がこの斜面の一番急な斜面をいつも横断するのか? 僕はそこに夏道が存在することに気がつくまで、その行為が理解できなかった。」
(Chugach Range,Alaska)(C)Bruce Tremper
『雪崩リスクマネジメント』Bruce Tremper著 日本雪崩ネットワーク訳
 山と溪谷社 2004年12月1日

20110326-90-402.gif

2011年3月26日 落合峠(1520)から 矢筈山(1848)への途中

季節はもう 3月下旬。 例年の この時期にくらべ この年は雪が多く残っていたのに、雪も締まっているからと、迂闊にも判断。

夏道の トラバースコースをとってしまった。

積雪期は いつも意識して尾根通りのコースをとっているのだが 3月下旬という 先入観が判断の根底にあった。

途中 雪面から 例年より すこし 季節が違うなと暗示的な 違和感を感じとってはいたが もう少しで 鞍部へ という気持ちのほうが 先に立って 前へ前へ 進んでしまった。

そのとき 一歩 踏み出すと共に 突然 大きな雪面全体が 一気に 亀の子状に破れて 動きだし 雪面が滑りだした。

やばい!

はじめ 畳四帖半くらいが 瞬時に 10m四方 20m四方と どんどん広がって 瞬く間に さらに 大きく どんどん 亀の子のキレツが 広い雪面いっぱいに ひろがって動いていく。

一瞬 スローモーションのような 割れと 雪面の動きに 体勢は崩れながらも 必死に 端部に逃げようとするが、 はやい雪面の流れのなかでは どうしようもない。

 なんとか 主流の流れに だけは まき込まれないようと 立て直し 必死に逃げようとする。

このあいだ 時間としては ほんの数秒だったろうが ずいぶん長く感じた。

止まってくれ。

さいわい 端部の ほうだったので 流された距離も少なくてすみ 埋没せず 怪我もなく ことなきをえて 雪崩は 止まった。

 雪崩の主流の中に まき込まれたら さらに はるか下まで流されてしまうところだった。 

助かった。

本当に危ない。

すぐに引き返し 矢筈山 第二峰経由に切り替えて 矢筈本峰へ向かった。

2011-03-26-480_109.jpg

2011年 3月 26日 撮影
2011-03-26-480_112.jpg





「つまり、雪崩地形に行っても何も起こらない。もう一度行っても何も起こらない。さらにくり返し行っても、まだ何も起こらない。そう、味をしめるのだ!
だが そこには決定的な事実がある。積雪は95%の確率で安定しているのだ。つまり 、雪崩についてまったく無知でも、20回に19回は何も起こらない。これは かなりの勝算だろう。だが 逆を言えば、20回に1回は、とてつもない恐怖、打撲、ケガ、あるいは死を味わうことになる。」
『雪崩リスクマネジメント』Bruce Tremper著 日本雪崩ネットワーク訳
 山と溪谷社 2004年12月1日


■たとえ 5パーセントの確率でも  雪山に数多く いけば いくほど 雪崩に出くわす場面は多くなる。

山に行く機会が多く、山中での滞在時間が 長ければ長いだけ それだけ 危険に遭遇する機会は増える。

正直言って 若い頃は 中部山岳の多雪地帯で、 いま ふりかえればゾッとする 「無知の至福」のケースもあった。

その後も 雪山では足元からバサッと切れるなど ヒヤッとした場面など たびたび体験。

それでも 運良く まあ まあ 大丈夫。

しかし いままで 大丈夫から 今後も まあ大丈夫 というのは 自分勝手な判断で、単なる希望的な憶測にすぎない。

やはり そのつど 冷静な判断が必要なのだろう。

risk2012-02-3.gif


”僕は16歳の時、ほとんど何も考えずに、高い雪庇から飛び下りたり、険しいクーロワールに飛び込んだりした。今は、ロープを装着せずには、雪庇の先端に近づくことさえあり得ない。年齢と責任が増し、僕は注意深くなったが、それはバリー・ルバルトナーの言葉を借りれば「良い判断は経験から、経験は悪い判断から得られる」からである。”
『雪崩リスクマネジメント』Bruce Tremper著 日本雪崩ネットワーク訳
 山と溪谷社 2004年12月1日


■ことに、「温暖な四国だから まあ大丈夫だろう」 という 先入観は 自分勝手な判断 以上に 一番怖い。


実際 温暖な四国でも 雪崩の遭難事故は 

1943年 3月29日 石鎚山 初芽成谷 上部 おたけ沢 1人死亡
1963年 1月14日 高知県 天狗原 高原スキー場 5人救出
1965年 3月16日 一の森 1人死亡
1968年 2月23日 石鎚山 初芽成谷 - 雪瀑間 4人死亡
1997年 2月11日 笹ヶ峰 北面 1人死亡
2001年 2月14日 石鎚山 ニノ鎖 三ノ鎖間 怪我

など 発生している。

羹に懲りて膾を吹く。

雪山は 臆病な方が いい。

臆病なら たとえ悪い判断でも 大事にならずにすむ。
ただし 良い判断のもとになる 貴重な経験をつむのには より多くの時間がかかる。
2012-02-21 : 雪崩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年2月18日 三嶺(1893)

20120218-36-481.gif

平成24年2月18日 雪

三嶺(1893)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 5:27 -- 林業作業小屋跡 7:18 --1791m標高点 (9:32-9:42) --菅生下山口標識 10:22 --三嶺ヒュッテ (10:25-10:34)--- 三嶺 (11:05-11:53)---三嶺ヒュッテ (12:18-12:45)-- 1791m標高点 13:14--林業作業小屋跡 14:01--いやしの温泉郷 駐車地点着 14:53

【山頂】

三嶺 「-11.2度 北 2m 雪 どんどん降る 視界なし」 
今回で累計登頂回数 328回


【三嶺山頂で積雪状況を判断】

祖谷に入ると 本格的 降雪 。気温が低く 夏ワイパーでは 効かない。すぐに 雪用ワイパーに切り替える。

いやしの温泉からの 登山道は標高の低いところは 一度溶けたところに 新たな積雪がつもっていて ラッセルはあるものの 特に問題ない。

だが 標高の高いほうは 締まった堅い雪の上に新雪がのっていて 不安定な状態だ。

雪が不安定でも 傾斜が緩ければ 問題は少ないが 傾斜がきつい所では 新雪の層から 亀裂が発生し 高い危険が潜在するサインを読みとることができた。

ことに雪庇は 十分避けているつもりでも 近くを 踏み込むより前に 近づくだけで どこかで 互いに つっぱっていた 微妙なバランスが崩れるのだろう サッと音もなく 大きな塊が 崩れていく。

三嶺山頂 最後の登りで 張り出している 雪庇は 大きく不安定でどこが破断面になるか チョット想像つかないほど 危険な感じだった。
慎重に登る。

三嶺山頂で しばし 休憩。冷静に熟慮。

今日の縦走路は 雪質 降雪 不安定な積雪状況 低視程など 悪条件が いくつも重なっている。なかでも一番難儀なのは 積雪の不安定さだ。 低視程で天地境界が見極めつきにくいところに 不用意な踏み込みは 微妙なバランスを崩し 突然 バサッと切れそうな感じだ。

今日の張出しの大きさからすると 想像している破断面より 内側で崩れそうな感じだ。

予定は西熊 天狗塚への 縦走だが 縦走路には 特に要注意の通過箇所が幾つかある。

与えられた積雪条件 今日の天候状況を考えると どうやら今日の縦走は 自重したほうがよさそうだ。

素直に いやしの温泉に下ることにする。

YouTube動画


ピカサ写真

平成24年2月18日 三嶺(1893)


ピカサ写真 スライドショー



平成24年2月18日 午前9時 地上天気図


平成24年2月18日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年2月18日 午前9時 850,700hPa高層天気図









国土交通省 川の防災情報


2月18日 三好市西祖谷山村 今冬最高の積雪26センチ





2012-02-18 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年2月11日 天狗峠 付近で 目撃 した 雪崩痕

20120211-90-1.gif
平成24年2月11日 天狗峠 付近で 目撃 した 雪崩痕




【天狗峠 東面】

20120211- (53)

20120211- (54)

平成24年2月11日撮影


平成24年2月4日 撮影の 下の 写真と見比べてみると この一週間で 新たに 雪崩が発生したのがわかる。


20120204- (46)

平成24年2月4日 撮影

この斜面は 要注意だ。




【天狗峠 南面】

2012-02-11_0238-480.jpg

平成24年2月11日撮影

1月に 雪崩れたのとは 別の また新たな 雪崩が発生していた。

2012-02-04_0248-480.jpg

平成24年2月4日 撮影



三嶺 天狗塚 付近 雪崩
2012-02-12 : 雪崩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年2月11日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

20120211-36-561.gif


平成24年2月11日 晴

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 4:57 -- 林業作業小屋跡 6:12 --1791m標高点 (7:39-7:51) --菅生下山口標識 8:12 --三嶺ヒュッテ 8:15-- 三嶺 (8:38-9:11) -----西熊山 (10:21-10:40) --お亀岩 10:55--天狗峠 綱附森分岐 11:32 --天狗峠西山林道分岐 11:39---天狗塚山頂 (11:57-12:50)--牛の背 13:20--天狗峠西山林道分岐 14:12 --1476標高点14:48--西山林道天狗峠登山口 15:04 --いやしの温泉郷 駐車地点着 16:53

【山頂】

三嶺 「-11.2度 北 6-8m 剣山 次郎笈 天狗塚 矢筈山系 見える」 
今回で累計登頂回数 327回

西熊山 「-9.0度 北 4m  晴れ 三嶺 次郎笈 天狗塚 太平洋まで見える。」
今回で累計登頂回数 286回

天狗塚 「-7.8度 北 5m 晴れ 三嶺 剣山 次郎笈 見える。」 
今回で累計登頂回数 374回

【立春をすぎて】

先週に比べ 雪が減り 締まってきた。
立春をすぎて 山でも 日差し 沢の音 雪質などから 春の足音が聞こえてくる。

http://youtu.be/ZZXvzVmXnA4



ピカサ写真

平成24年2月11日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)


ピカサスライドショー



平成24年2月11日 午前9時 地上天気図


平成24年2月11日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年2月11日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年2月11日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画





2012-02-11 : 三嶺・西熊山・天狗塚 :
Pagetop

冬山に灼熱の太陽が輝き 衰えぬ不屈の魂が躍動する。

2012-02-09_561-10.gif
2012-02-09_5601-2.gif



2007年12月17日 日本経済新聞 春秋

冬山に灼熱の太陽が輝き 衰えぬ不屈の魂が躍動する。

------------------------------------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・
「凍傷にやられたことを自覚しながらも、一晩中 吹雪と強風にさいなまれ、疲れ果ててなんらなす術もなかった。
 この寒気と疲労。それに空腹と凍傷、眠気・・・こんな経験は何度かあるが、今度のように大きな登攀をなしとげた後のビバークだけに、僕はどんな拷問より酷烈に感じた。
ビバークというより「遭難」という方に近い状態だったろう。
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
1957年3月15日午前10時半、四、五のコルで四十八時間ぶりにザイルをわれわれ四人はといた。
ドンちゃんと ピンちゃんは自分の手袋やザイルが、凍傷のため脱いだり、解いたりすることができなかった。
凍ったような白い手の名古屋の人たちに僕は何度も何度も握手を求めた。」
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
「憧憬の氷壁 前穂高四峰正面岸壁」
『山靴の音』芳野満彦 著

------------------------------------------------------------------------

不屈の魂 の芳野満彦氏。2012年。

『絶対に死なない』ドンちゃん
も2011年。

ともに 亡くなられた。合掌。

------------------------------------------------------------------------

「一面、雪と氷と岩の世界。自分以外には誰一人としてこの世に存在しないかのような孤独感。心細さにふと襲われる。ここで諦めて少しでも気を緩めたら、待っていましたばかりに、山の神は我々四人の魂をすくいとってしまうだろう。
そうはさせるものか、必ず生きて戻ってやる!
当時、日本でもっともむずかしいと言われていた岩壁の初登攀に挑み、最難関である大ハングはすでに越えたのだ。あとは無事に生きて帰るだけ。我々の中の「生きようとする力」は、数々の敵と一晩中闘いつづけていた。」


 『絶対に死なない』加藤幸彦著2005年 講談社

------------------------------------------------------------------------
2012-02-10 : 山の本 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『レスキュー最前線長野県警察山岳遭難救助隊』

2012-01-18-480_0203_20120208062633.jpg

山の中でレスキューすること

山岳地帯で遭難が発生するような 厳しい気象や地形の条件のもとで
四季を問わず 昼夜 問わずも いつでも 救助要請に応じ ひとをたすけることは いかに 大変なことか よくわかった。

いま ヘリ救助が多くなったものの
ヘリは ジャンダルムで墜落事故があったように 厳しい気象地形条件では 簡単には いかない。

ヘリが 飛べないとき 地上から レスキューしたり、ヘリ救助ができるところまで 要救助者を隊員が背負って移動する。

どんな厳しい 条件でも 救助隊員は全力で対応し 安全確実に 救助している。

この本を読むと 山岳レスキューは  とんでもなく 難しいことで、山中で 人助けができる レベルは桁違いの能力や体力を 必要とする プロ中のプロの仕事だと 改めて 痛感した。

せめて 我々素人に出来ることは レスキュー要請など けっして出すことなどないよう、 万全に 計画し 準備して
山中では 慎重に行動するなど 普段から 遭難しないように 安全登山に こころがける ことだ。
2012-02-08 : 山の本 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『山靴の音』芳野満彦著

「見知らぬ山が
幾重にも
遠く連なる

・・・・・

山 山 山
白い大きな波
そのうねり
・・・・・」


芳野満彦 氏
ご冥福をお祈りします。



------------------------------------


『山靴の音』

耳を澄ましてごらん
・・・ほら  ね  ね・・・
何処からか
古い記憶の
山靴の音が
聴こえてくる
ほら 僕の全身に
滲透(しみ)わたるように・・・・・


-------------------------------------
2012-02-07 : 山の本 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年2月4日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

20120204-36-561.gif


平成24年2月4日 曇 晴

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 4:29 ---- 林業作業小屋跡 (6:09-6:16) --1791m標高点 (8:11-8:19) --菅生下山口標識 8:51 --三嶺ヒュッテ 8:53-- 三嶺 (9:11-9:33) -----西熊山 (11:18-11:42) --お亀岩 12:01--天狗峠 綱附森分岐 12:45 --天狗峠西山林道分岐 12:57---天狗塚山頂 (13:25-13:55)---天狗峠西山林道分岐 14:14 --1476標高点14:43--西山林道天狗峠登山口 (15:07-15:17) --いやしの温泉郷 駐車地点着 17:08

【山頂】

三嶺 「-10.5度 北 4-7m ガス 視界なし 」

西熊山 登りで ガスがとれてきた。

西熊山 「-8.6度 北 4-5m  ガスがとれ 晴れ 三嶺 次郎笈 天狗塚まで見える。」

天狗塚 「-8.3度 北 4-7m max9m 晴れ 三嶺 剣山 次郎笈 見える。」

寒波がきて 新たに新雪があり。コース全体で すべて ラッセルが楽しめた。

20120204- (26)
西熊山 登り 途中から 三嶺方面を見る その1

20120204- (29)
西熊山 登り 途中から 三嶺方面を見る その2


天狗塚 山頂 手前

動画
http://youtu.be/F3Ubh8EhELM


ピカサアルバム


平成24年2月4日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)


スライドショー



平成24年2月4日 午前9時 地上天気図


平成24年2月4日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年2月4日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年2月4日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画





2012-02-04 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性