趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

平成24年1月28日 石鎚山(1982) 西之川から往復

20120128-38-561.gif

平成24年1月28日 雪 曇り 石鎚山(1982) 西之川から往復

【記録】
西之川 4:29---岩原 5:38-- 刀掛 (6:07-6:17)--八丁 7:41--前社森 (8:35-8:47)---夜明峠 9:12---二ノ鎖元小屋 9:39---弥山 (10:27-10:51)--天狗岳 (11:01-11:15) ---弥山 (11:24-11:50)---二ノ鎖元小屋 12:11---夜明峠 12:23---前社森 (12:31-12:45)--八丁 13:01---成就社 (13:20-13:35)---西之川下山口 13:42 --西之川 14:52


【山頂】

石鎚山(1982) 「マイナス7.7度 北 3m ガス 視界きかず」

弥山に戻ると ガスが切れて 白く輝く 天狗岳が見えてきた。


【下から登る】

冬でも大勢の登山者で賑わう 石鎚山。

この日も 天狗岳から もどって 弥山山頂で2名。 下山中には 約20名の登山者とすれちがった。

トレースのついた状態で登ったのでは 雪山の楽しみは半減。

常に 一番乗りで ラッセルを楽しむという 最高の贅沢を 味わうには ロープウェイより 先行して 下から登らなくてはいけないが、 あへてロープウェイを使わないで 登ることでこそ この山のもつスケール、本来の魅力を 大いに味わうことができる。

ロープウェイの始発 より先に ロープウェイを使わないで下から登り 、新雪をラッセルして登りきり 冬の石鎚山を 十二分に満喫する。

 こうした 贅沢な冬山を楽しむ ことができたのも 物凄いラッセルパワーを持った  超強力精鋭メンバーみなさまのおかげでした。足手まといになりながらも 今年も 同行させていただき、本当に ありがとうございました。


【同行者】S氏、F氏、K氏、H氏。
強力なラッセル 精鋭メンバーに 深く感謝です。 

http://youtu.be/z-eMMNCF99Q


ピカサ写真


平成24年1月28日 石鎚山(1982) 西之川から往復


ピカサ スライドショー




平成24年1月28日 午前9時 地上天気図


平成24年1月28日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年1月28日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年1月28日レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画






2012-01-28 : 石鎚山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『山岳読図大全』村越 真

2012-01-25_480-0024.jpg


『山岳読図大全』村越 真  2011年11月 山と溪谷社

実際に起きた 数多くの 道迷い の事例を分析。


どんな きっかけで 道に迷い、
次々と 深みに入っていって
正常ルートに戻れなくなっていたかなど 詳しく記述。

つねに 背景的に 心理的な 要因がかかわっている。



『道迷いとは、様々な要因から生まれたルートの逸脱と現在地の見失いが
人間の心理的傾向によって悪循環的に拡大し、目的地への到達を妨げる現象と
考えることができる。』


初心者ばかりでなく ベテランでも道に迷う。

が つねに

『自分の力量を客観的に判断する努力と、
「リスクを下げたい」という強い意志のみが、
道迷いを減らすことができる。』
2012-01-25 : 山の本 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年1月21日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

20120121-36-561.gif


平成24年1月21日 曇 雪 雨

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 5:00 ---- 林業作業小屋跡 (6:31-6:41) --1791m標高点 8:46 --菅生下山口標識 9:12 --三嶺ヒュッテ 9:15-- 三嶺 (9:39-10:09) -----西熊山 (11:18-11:34) --お亀岩 11:52--天狗峠 綱附森分岐 12:25 --天狗峠西山林道分岐 12:35---天狗塚山頂 (12:52-13:17)---天狗峠西山林道分岐 13:37 --1476標高点14:05--西山林道天狗峠登山口 14:31 --いやしの温泉郷 駐車地点着 16:02

【山頂】

三嶺 「-0.7度 南 2m 雪 視界なし 西熊への稜線の一部 少し見える。三嶺ヒュッテ方面 見えない 気温高い 新雪。」

西熊山 「+0.4度 南 1m  雪 視界なし 気温高い」

天狗塚 「+0.6度 風弱く 雪 視界なし。」

上では 重い湿雪 下ではミゾレ 雨で 雪が腐り 足元が重くなった。

【南面】

雪崩痕 多数 目撃。

三嶺 山頂付近 南面 特に 名頃 ルート上部 注意
西熊山 南面。 
天狗峠付近。


三嶺ヒュッテ 名頃ルート テキサスゲート付近
大岩の下にテキサスゲート 鹿よけネットフェンス が見え その先に 雪崩痕が 見える。積雪期 名頃ルートは この付近で 雪崩リスクが高いので 要注意だ。

三嶺(1893)南面 雪崩リスクの高い斜面

http://youtu.be/UlfV3-ze5Gk

三嶺ヒュッテ 付近 名頃下山道 



三嶺 西熊山 間 縦走路


西熊山 南面


天狗峠 付近 破断面が真新しいので 直近に崩れた 感じがした。

http://youtu.be/v4EzkXA64gk


http://youtu.be/bcqNBLbmLW4


ピカサ写真

平成24年1月21日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)


スライドショー



平成24年1月21日 午前9時 地上天気図


平成24年1月21日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年1月21日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年1月21日レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画





2012-01-21 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

GPSの普及と道迷い遭難。

2012-01-18-480_0199.jpg


GPSの普及と道迷い遭難。

『山と溪谷 2112年2月号』
2011年10月三嶺での 道迷い遭難事故 についてとりあげられていた。


「プランニング(どのルートを歩くかという計画)と、ある程度のルート維持(正しいルートを見極めること)は自分でしなければなりません」 村越 真 静岡大教授


「GPSで現在地や歩いてきた軌跡(ログ)を把握できたとしても、正しい道に戻るにはスキルが必要なのだ。」大関直樹



「遭難防止の観点」で
遭難者ブログに トラックログ が公開されています。
http://49268178.at.webry.info/201110/article_19.html
2012-01-18 : gps : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年1月15日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

20120115-36-561.gif


平成24年1月15日 曇

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 5:38 ---- 林業作業小屋跡 (7:03-7:10) --1791m標高点 8:47 --菅生下山口標識 9:08 --三嶺ヒュッテ 9:10-- 三嶺 (9:26-9:51) -----西熊山 (10:53-11:12) --お亀岩 11:28--天狗峠 綱附森分岐 12:00 --天狗峠西山林道分岐 12:08---天狗塚山頂 (12:24-12:47)---天狗峠西山林道分岐 13:00 --1476標高点13:28--西山林道天狗峠登山口 13:51 --いやしの温泉郷 駐車地点着 15:33

【山頂】

三嶺 「-5.8度 北 5-8m 曇 剣 次郎笈 天狗塚 笹ヶ峰 石鎚方面見える。」

西熊山 「-5.5度 北 4m  曇 三嶺 次郎笈 天狗塚 石鎚方面まで見える。」

天狗塚 「-4.8度 北 5m 曇 三嶺 剣 次郎笈 笹ヶ峰 石鎚方面見える。」

【同行者】
イメージをトレースするSさん
パワフルなラッセルで終始リードして頂き スピーディーに周回することが出来ました。ありがとうございました。

http://youtu.be/KPVJrorDra0



ピカサ写真
平成24年1月15日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)


スライドショー



平成24年1月15日 午前9時 地上天気図


平成24年1月15日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年1月15日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年1月15日レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画

2012-01-15 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『山岳気象大全』 猪熊隆之 2011年6月 山と溪谷社

2012-01-11_480-3.jpg

『山岳気象大全』 猪熊隆之 2011年6月 山と溪谷社

冬の山は 天気次第。

この年末年始も 山岳気象のメール配信をしてくれました 猪熊隆之様
ありがとうございます。

ヤマテン http://i.yamaten.info

猪熊隆之様の
『山岳気象大全』 猪熊隆之 2011年6月 山と溪谷社


山域別の解説もあり 地形で 風向や積雪など 変化する冬山の状況がよくわかる。

ただし 全体的な概要はつかめても 
 山地は 複雑で 局所的な気象現象もおおく それらは 個別の山域ごと 登る登山者自身が 自分で 研究していかなくてはいけない。



週間寒気予想




今冬の天気予報配信を開始します

今冬の配信について
2011年12月16日(金)~2012年1月15日(日)

エリア:
1 北アルプス北部(剱・立山)
2 北アルプス南部(槍・穂高)
3 八ヶ岳


冬山天気予報の発信について



2012-01-11 : 気象 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2012年1月7日 三嶺 西熊山 間 縦走路で 撮影。

2012-01-07-480_0106.jpg

2012年1月7日 三嶺 西熊山 間 縦走路で 撮影。

南面の雪が 部分的に 大きく 雪崩てしまっていた。

2012-01-07-480_0115.jpg

西熊山 登り 途中から三嶺方面を振り返り 問題の箇所を見る。
2012-01-08 : 雪崩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年1月7日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

20120107-36-561.gif

平成24年1月7日 曇 雪

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 4:13 ---- 林業作業小屋跡 5:59 --1791m標高点 8:25 --菅生下山口標識 9:03 --三嶺ヒュッテ (9:07-9:20)-- 三嶺 (9:40-10:02) -----西熊山 (11:29-11:51) --お亀岩 12:14--天狗峠 綱附森分岐 12:56 --天狗峠西山林道分岐 13:06---天狗塚山頂 (13:32-13:58)---天狗峠西山林道分岐 14:16 --1476標高点14:46--西山林道天狗峠登山口 15:14 --いやしの温泉郷 駐車地点着 16:59

【山頂】

三嶺 「-8.9度 北 5m 曇 ガス 視界なし。」

西熊山 「-7.6度 北 3m  曇 三嶺 天狗塚 太平洋 見える。」

天狗塚 「-7.0度 北 5m 三嶺 上のほうが少しガスがかかったりするが 見える。牛の背 真っ白。」その後 三嶺のガスがとれたが すぐまた 天狗塚全体がガスに覆われる。

正月以来の寒波で年末31日の時点より かなり雪が増えていて、 年末年始登山者のトレースは 綺麗すっぱり すべて消えていた。

お亀付近で 光石方面からのトレースが ほんのすこしあった以外は 全コースすべて ラッセルが楽しめた。(光石からの登山者3名は天狗峠登ろうとして 途中で引き返していた)

帰りの林道歩きも 足首まで潜るなど 全体に ラッセル込だと 一日で周回するコースとしては かなり厳しい状況だった。

http://youtu.be/AJiKyBMDIlY


ピカサ写真

平成24年1月7日 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812)


スライドショー





平成24年1月7日 午前9時 地上天気図


平成24年1月7日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年1月7日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年1月7日レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画







2012-01-07 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年1月3日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

20120103-18-561.gif


平成24年1月3日 曇り

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

【記録】
木地屋 駐車地点 5:14 ---矢筈山(10:43-11:09)---石堂山 (12:29-12:53)---白滝山 (13:52-14:14)----石堂神社 15:00--林道大惣線登山口 15:27- ---木地屋駐車地点 15:35

【山頂】
矢筈山 山頂 「-7.0度 西3-5m ガス  何も見えず。」

石堂山 山頂 「-5.3度 西4-7m ガス  何も見えず」

白滝山 山頂 「-4.0度 西3-4m 曇。すこしガスが切れてきた。下の方は見えるが 上のほうは見えない」

http://youtu.be/7o5gUUYmRJE



ピカサ写真

平成24年1月3日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)



スライドショー



平成24年1月3日 午前9時 地上天気図


平成24年1月3日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年1月3日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年1月3日レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画






2012-01-03 : 矢筈山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成24年 本年も よろしく おねがいします

2012-560_0026.jpg
平成23年12月31日 撮影 
三嶺(1893) 登り途中で 剣山(1955) 次郎笈(1930) を見る。
2012-01-01 : 新年のあいさつ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性