趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

三好市


平成17年11月26日撮影

あと 3ヶ月後にせまった 三好市誕生
真新しい 「のぼり」が 村の所々に掲げられていた。

市章


コメントによると「色使いに斬新さが感じられ、全体的に躍動感を感じさせる作品である。三好市のイニシャル「M」を中央に緑で配置し、その「M」とオレンジの球で人や鳥が連 想され、生命を感じさせる。また、その生命がブルーの曲線で描かれた水辺から飛び立つようなイメージから躍動感が感じられる作品である 」

2005-11-29 : 山里 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

西熊山山頂


平成17年11月26日撮影

西熊山山頂の標識の足下に 古い標識の残骸があった。
10年くらい前には 健在だった 山頂標識も こんな木片になってしまうとは、1815mの山頂が、いかに厳しい自然条件に晒されているのかと つくづく感じる。
標識変遷 山頂別

2005-11-28 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

秋の日はつるべ落とし


秋の日はつるべ落とし。

三嶺 西熊山 天狗塚と ゆっくり 縦走していて 天狗塚山頂で3時を過ぎると
急に 日が傾きかけ 日没におわれるように 下山しました。
秋の日はつるべ落とし。

2週ぶりの 山行でしたが 日の短さといい、気温も低がっていて、季節は確実に移っているようでした。

平成17年11月26日

2005-11-27 : 気象 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成17年11月26日 三嶺 西熊山 天狗塚 牛の背


平成17年11月26日 晴れ 曇り

【コースタイム】

西山林道栗園入口付近 駐車地点出発 8:11-- 西山林道イザリ峠登山口 8:24---ふるさと林道阿佐名頃線から作業道へ 登り口 9:05 --1806m( 11:02-10:09 ) --縦走路にでる 11:19 -- 三嶺 (11:29-12:15) --西熊山 (13:16-13:40) --お亀岩 13:56 --天狗峠 綱附森分岐 14:25 --天狗峠西山林道分岐 14:30---天狗塚山頂 ( 14:46-15:17 )--牛の背 15:51 ----林道 16:42 --P地点着 17:00

【距離】

累計歩行距離 19.717km 累計標高差 1796m ( etrex-legend J で計測)

【詳細】

朝 冷え込んだようで京上トンネルで 気温0度の表示。
 駐車地点付近の水たまりには薄く氷が張っていた。 

西山林道栗園入口付近で駐車し出発。天気良好。
今日はイザリ峠登山口には、車が停まっていない。
ふるさと林道阿佐名頃線の北西尾根取り付き点付近で 治山工事をしていた。
作業道をへてから 北西尾根を登る。
三嶺山頂 「2.1度 2-3m  南風 風が冷たい。剣山 次郎笈まで見える。」
前回(11月13日) 30人もの登山者で賑わっていた山頂も 今日は4名 静かだ。
西熊山山頂 「4.8度 0.8m-1.0m 曇り 」 

天狗塚 「5.8度 1-2m 三嶺 剣山 次郎笈まで見える。」
天狗の池は干上がっていて 苔が変色していた。
秋の日はつるべ落とし。快調に下り。 日が暮れないうちに 林道に降り立つ。

平成17年11月26日

2005-11-26 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

標識変遷 山頂別


ここ10年間くらいの 頂上の山頂標識の写真を 見比べてみると、たった10年でも ながく 山頂にある 標識はないことがわかります。
山頂では 厳しい風雨雪 に晒されて、標識など すぐ朽ちていくもののようです。

標識変遷

標識変遷 山頂別

2005-11-24 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山の楽しみは、 三段階に。


古い記録を 整理してみると 
40年前の山行の途中で 
たどたどしく書いた 一行 せいぜい 2行の記録が 今に生きています。

それでいて 肝心な場所の コースタイムの方が 今ひとつ記録がないのですが、
当時は 歩くのに精一杯で とても余裕がなかったためか?

今 読み返して みると
その当時の そんな記録でも
山の良さを 十分味わう ことができます。

結局 一つの山行で 、三つの楽しみ、 三倍の楽しみを味わえます。

一、 山行前の計画して あれこれと思いを巡らす時 。

二、 実際 山へ行っている時 。

三、 山行後の記録を整理したりする時。古い記録や写真をながめる時

昭和38年夏はじめての剣山

2005-11-23 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

昭和38年夏はじめての剣山



整理していたら かなり 古い記録が 出てきました。昭和38年(1963年)夏、 はじめての剣山 登山記録です。

コースは コリトリ 一の森 剣山 見ノ越 夫婦池 剣橋でした。

昭和38年夏はじめての剣山



剣山山頂の測候所。
測候所の方と 玄関で顔を合わせ 挨拶したのを いまでも覚えています。




コリトリ橋 ここから登る。
朱色をした橋だった。

2005-11-20 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

無人避難小屋



お亀岩避難小屋は いつ訪れても きれいに適切に管理されている。

ストーブのあたりの 整理整頓された、きれいさは この避難小屋を愛する人々の気持ちが 隅々に あらわれていて とても 気持ちがよい。

この避難小屋は 昨年 今年と 幾度か 台風の試練を経たが、山小屋を愛する多くの人々のおかげで 復旧修理され、 無人でありながらも 常に 適切に手入れしつづけられ 管理され 運用されてきている。

この無人の避難小屋を見るたびに、この山域に 思いを寄せ、山小屋を愛する、多くの人々の 下支えこそが、本当に大切なのだと つくづく思う次第である。

平成17年11月5日撮影 

お亀岩避難小屋 台風被災 復旧 2004-2005年

2005-11-19 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新幹線車窓から


新幹線車窓から
静岡〜新富士


米原 〜 岐阜羽島


越後湯沢〜浦佐
2005-11-19 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性