趣深山です。 四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です 「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域 」(C)趣深山since2002 e-mail: shumiyama@gmail.com

提案 紙製標識


山頂で見かけて 所詮はゴミとなるのに 乱立されて 困るのが やたら増える私製標識なのです。


大勢の登山者が 山に登っている現状です。

たとえ記念だからと 軽い気持ちで私製標識などを 山頂へ 残置することは 大勢の人が訪れる 著名な山では これはチリも積もれば 山となる結果になります。。
「私製標識」は残置すれば所詮ゴミです。

その点 紙製標識ならば 記念写真撮影後 お持ち帰りするのであれば 全く 問題はありません。

実際 既に これを実行されて いられる 登山者は 多くあります。

記念撮影をするとき 自分の 氏名 住所 所属 書きたいことを 太文字マジックで 書いて 紙製標識を作り、 手に持って写真撮影をする。

あるいは 予め作ってきていて 山頂で広げて 使用し 撮影後は 折りたたんで 持ち帰る。

これなら なんら 環境に 悪い影響は 与えないのです。

山頂へ 私製標識を残置することは ゴミを置いていくのと 同じだと思います。

標識変遷

2005-10-31 : よもやま話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

三嶺山頂標識


平成17年10月30日三嶺山頂へ立ち寄ると、真新しい、私製の山頂標識があった。

表面は さも 標識ぶっているが、裏面には 所属など 「本心」があらわに 書かれていて、 昔 名所旧跡などの観光地で、よくあった「落書き」と よく似ている。つまりは 「ここへ来たぞ」という自己顕示欲の 典型的な私製標識である。

山頂でいた、わずか25分間の間に 13人もの登山者が次々に、 山頂にやってくる 秋山シーズンのさなかであった。

もし 仮に 100人来たら 看板100個もできたら どうなるのか?

「とってよいのは 写真だけ」 
との考え方は 「私製標識」に対しても 全く同じであると思う。
 標識変遷に私製標識の記事

2005-10-31 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

縦走路 コメツツジ


縦走路のコメツツジ
西熊山方面を見る。

平成17年10月30日【コースタイム】

西山林道栗園入口付近 駐車地点出発 7:21-- 西山林道イザリ峠登山口 7:33---ふるさと林道阿佐名頃線から作業道へ 登り口 ( 8:12-8:17 ) --1806mピーク ( 10:36-10:44 ) --縦走路にでる 10:57 -- 三嶺 (11:07-11:32) --西熊山 (12:43-13:14)--お亀岩 13:09 --天狗峠 綱附森分岐 13:48 --天狗峠西山林道分岐13:55---天狗塚山頂 ( 14:15-14:57 ) --牛の背 15:29 ----林道 16:40 --P地点着 17:00


2005-10-30 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

三嶺北西尾根から西熊山方面


この場所は自然条件が厳しいのだろうか、三嶺北西尾根から 西熊山を見る。

平成17年10月30日

2005-10-30 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

登山道の位置表示


GPSトラックログをとってみて、地図上に 表示させて 地図上の登山道と見比べてみると、登山道の位置表示と違っているのところがあるのに 気づくことがある。

GPSの衛星補足の誤差もあるので、一回くらいの違いなら、何とも結論的なことは言えない。

しかし 何十回もGPSログをとっても そのたびに GPSの誤差以上に 違っている場合は、 次に実際歩いた時には ことさら注意深く 地形図の読図をするようになり この状況をもとにしてみても やはり 違っているとなると、やはり地図の登山道表示を 疑ってみざるをえない。

地図上の登山道表示

2005-10-29 : 山岳展望 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

見ノ越から剣山への登山道


見ノ越から剣山への登山道の地図で
見ノ越から西島神社へ向かう登山道と
リフトが交差している付近の地図の表示が 違っている。

平成17年10月9日のトラックログ

地図上の登山道表示

2005-10-29 : 剣山・高ノ瀬・三嶺 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

三嶺(1893)の名頃から登山道


三嶺(1893)の名頃から登山道も
地図の登山道は 少し誤りがある。

 平成17年台風災害で 平尾谷登山道は新たに崩壊箇所が出て 迂回するところがあり、この GPSトッラクログは 台風被災 以前のものなので、更に 修正が必要になっている。
詳細地図 三嶺 (1893) 名頃

地図上の登山道表示

2005-10-29 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

津志嶽山頂(1494)山頂付近の 登山道の表示 


津志嶽山頂(1494) 山頂付近の 登山道の表示

ここも 随分 違っている。

久藪 木地屋 大屋内への道があるが それぞれ登山道と違い 電力会社の管理する 電力鉄塔保守点検路を 登山者が ちょっ貸してくださいと通る部分がある。
登山者の 感覚とは大幅に違う道、それだから 間違いが起こり易い。

白滝山(1526) 石堂山(1536) 矢筈山(1848) 黒笠山(1703) 津志嶽(1494) 

地図上の登山道表示

2005-10-27 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

夫婦池付近の地図


剣山系 塔の丸登山口 夫婦池付近の地図

赤色は平成17年10月9日に見ノ越、剣山、三嶺、と周回し、塔の丸から夫婦池へ下山し、見ノ越へ戻る時のGPSトラックログである。

注意して見ると 、地図上にでている 塔の丸からの登山道と GPSのトラックログとは 随分 違っている。

実際 歩いてみた時、登山道は 徐々に 国道438号へ 近づいてくるのでなく、国道438号とは ある間隔を保ちながらきて  あるところから 折れて 国道に出てくるのである。


明らかに 地図上の登山道の位置は 不正確であるが、出版されたガイドブックの書籍なども このあたりまで 正確であってほしいと思う次第である。

この点、「イメージをトレースする」とサブタイトルの付いた、S氏の一連の労作は 表題の通り的確に 間違いなく、歩いたコースを地図上に表されていて、別に GPSを使わなくても 極めて精確に表示されているのには驚かされる。

地図上の登山道表示

2005-10-27 : 剣山・高ノ瀬・三嶺 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ガスと雨の中



三嶺は素晴らしい自然が残っている。


平成17年10月22日は天候が悪く、この奥深い自然の宝庫はガスと雨の中であった。


登る途中、苔むした石が重なり、幻想的な雰囲気が楽しめた。

2005-10-27 : 三嶺・西熊山・天狗塚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

MENU

Twitter

プロフィール

趣深山fc2

趣深山です(四国 高松)男性